100万円から200万円を借りたい方必見。

100万円から200万円は大金です。
このような大金を借りられる方法は限られてきます。

今回の記事は100万円から200万円を借入したい方に向けて!借入できるチャンスのある方法や、借入したい状況別に向いている借入方法や、100万円から200万円を借入する場合の金利など。詳しく解説していきます。

お近くのプロミスでお金を借りる事も可能です。

プロミス
プロミス公式サイトはこちら

100万円から200万円を借りたい方必見

100万円から200万円を 借りたい方必見

100万円から200万円を借りたいとき、選択肢は限られてきます。

例えば頼れるのであれば家族や身内から借りるというのもありですが、それができないという方も少なからずいるはずです。

そのような場合に活用したいのが「消費者金融」や「銀行」からの借入です。

100万円から200万円を借りるなら注目したい「カードローン」

100万円から200万円を借りるなら注目したい「カードローン」

100万円から200万円を借りるとして。その目的(資金使途)がマイカー購入や教育費用なら、専用のローン(目的が確定しているローン=目的型ローン)を利用することができますが、中には目的型ローンではなく資金使途が自由のローンで「100万円から200万円を借りたい」という方もいるのではないでしょうか。

実はこれ、意外と難しくなる可能性が出てくるのですが(理由は後ほどご紹介します)資金使途が自由のローンで100万円から200万円借りたいなら「カードローン」を優先して検討する必要が出てきます。

カードローンとは!
審査により決定した上限額の範囲で繰り返し借入することができる便利なローンです。

【カードローンのポイント(特徴)】

  • 資金使途が自由
  • 上限額の範囲で繰り返し借入できる

資金使途が自由というのが大きなポイントです。旅行に使っても、ショッピングに使っても、教育資金に使ってもOKです。

ちなみにカードローンはCMでもお馴染みの消費者金融のサービスとして有名ですが、銀行でも取り扱っています。
銀行と消費者金融のカードローン、どちらも上記で触れたポイントは同じですが大きな違いが「金利」です。
金利は銀行のほうが低いのが一般的です。

ちなみに消費者金融でも金利が3.0%~と、銀行と同じくらいの水準になっているところもありますが、実際のところ消費者金融と銀行で同じ金額を借り入れた場合で考えると、消費者金融のカードローンで最低金利が適用される可能性は低いです。
(※金利は借入内容や審査の内容によって変わる場合があります)

このような特徴を加味したうえで、あくまでも「目安」ではありますがカードローンの金利の特徴をみてみましょう。

【カードローンの金利】

銀行のカードローン⇒ 10%~12%前後になることが多い
消費者金融のカードローン⇒ 15%~18%かかってくることが多い

(※カードローンの金利は借入した総額や、それから審査の結果で決まることが多く上記はあくまでも参考例です。必ずしもこのようになるとは限りません)

ちなみに銀行のカードローンは金利という部分で有利ではありますが、銀行のカードローンは即日対応を売りにしているわけではないので「今日中にお金を借りたい。即日融資して欲しい」という方にとっては、消費者金融のカードローンのほうが利便性が高くなる可能性があります。

銀行のカードローンはこちらに注目

カードローンでお金を借りるとき、消費者金融で借りるか銀行で借りるか次第で条件が変わる場合があります。

消費者金融では規則により年収の3分の1以上の金額を貸してくれません。
銀行はそのような規則はないものの、自主的に年収の3分の1以上の金額を貸していないことが多いです。

つまり100万円から200万円借りるには前提として、100万円から200万円というお金が年収の3分の1以下になる必要があります。

銀行は規則で決まっているわけではないので、年収の3分の1を超えていても100万円から200万円を貸してくれる可能性はあります。それは審査をしてもらわないとわからないことですが、銀行は規則がないから「大金を貸してもらえる」とは考えておかないほがいいでしょう…。

【銀行のカードローンの金利と上限額】

銀行名 実質年率 借入上限
三菱UFJ銀行 1.8%~14.6% 500万円
三井住友銀行 4.0%~14.5% 800万円
みずほ銀行 2.0%~14.0% 800万円
楽天銀行 1.9%~14.5% 800万円
りそな銀行 3.5%~12.475% 800万円
ソニー銀行 2.5%~13.8% 800万円

基本的に高額の借入をしたほうが最低金利に近づきます。

上記の金利の範囲から、審査や上限金額により金利が決まってきますが、仮に100万円を借入するとしたら多くの銀行でだいたいどれくらいの金利が付くかは予想することもできます。
銀行ごとに借入金額に対する基準となる金利が公表されているからです。

三井住友銀行、三菱東京UFJ、みずほ銀行でそれぞれ100万円借りる時の利息

100万円借りるとなると金利関連はどうなるのか。
銀行のカードローンの中でも注目度の高い、三井住友銀行、三菱東京UFJ、みずほ銀行それぞれで100万円借りた場合の利息を例に確認していきましょう。

その前に!銀行のカードローンは借入している金額に合わせて金利が決まるのが一般的です。
100円借りた場合、それぞれの銀行で適用される金利がどうなるのか先に表を記載します。

【100万円借りた場合の金利】

カードローン名 金利
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック) 13.6%~14.6%
三井住友銀行カードローン 10.0%~12.0%
みずほ銀行カードローン 12.0%

100万円借りた場合の金利の範囲は上記の通りとなります。
数字だけなら最低金利は三井住友銀行カードローンが優勢です。

ただし審査の結果などによっては最低金利が適用されない可能性もあるので注意しなければなりません。
銀行のカードローンで100万円借りた場合の金利は「12%前後」になることが多いと想定しておくようにしましょう。

上記を踏まえて、100万円を借りた場合の利息「例」を記載します。

【100万円を借りて30日で完済した場合】

100万円で12%の金利が付き30日で返済したとしたら…利息は9,863円(小数点以下切り捨て)

100万円で14%の金利が付き30日で返済したとしたら…利息は11,506円(小数点以下切り捨て)

期間が長引けばその分金利がかかってくる期間が増えることになります。
早く完済すればその分お得になり、長くかかればその分金利の負担が増えます。

「借金は返せるなら早く返していったほうがいい」とよくいわれますが、それは借入期間が長くなると期間中金利の負担があるからです。

消費者金融では200万円以上借りるのは難しい

消費者金融では200万円以上借りるのは難しい

多くの消費者金融のカードローンの上限額は500万円が基準になっているものの、誰でもこの金額を貸してもらえるわけではありません。
審査の結果、上限額50万円になる方もいれば30万円になる方もいます。

ちなみに初回でいきなり100万円以上の融資をしてもらおうとするのはなかなか難しいケースが多いようです。
審査に通ったものの希望していた金額より上限額が下がるケースも珍しくありません。

ただし!!消費者金融のカードローンは、利用を開始してから上限額アップの案内がくることが割とあります。
そのときには改めて審査が必要になりますが、審査に通ると上限額20万円だったのが50万円にアップしたり、50万円だったのが100万円に変更になったりします。

こちらはあくまでも年収などの条件から「上限額アップできる条件の方」限定になりますが、消費者金融のカードローンは初契約でいきなり100万円200万円の大金を借りられなくても、契約してしばらく問題なく利用していると借りられるようになる可能性はあります。
(※あくまでも総量規制の範囲内で対象となる方のみです)

つまり、視点を変えれば年収などの条件では200万円借りられる立場に該当する方でも、その消費者金融のカードローンと初契約だと200万円以下の上限額になるのは珍しくないということです。

100万円、200万円の高額になってくると「借りられる立場」に該当する方は銀行のほうがチャンスは見えやすくなっています。

銀行でも年収の3分の1以上の借入は難易度が高まっている

銀行でも年収の3分の1以上の借入は難易度が高まっている

消費者金融のカードローンには総量規制がありますが、銀行は先ほど触れた通り総量規制がありません。
しかし、それでも借入した側が返済ができない状況に陥ってしまうトラブルを未然に防ぐためにも、自主的に年収の3分の1以上は貸さないという対応をしている銀行が多いようです。

ただし、これも絶対というわけではありません。
銀行カードローンに契約している方の中には、年収の3分の1以上に借りることができたというケースもあるようです。

気になる方はまず審査してもらうのがおすすめです。
審査してもらうだけなら無料でデメリットもないので、100万円以上借入したいという方はとりあえず銀行のカードローンに申し込みして審査をしてもらうのはいかがでしょうか。

消費者金融は総量規制あり

消費者金融は総量規制あり

消費者金融のカードローンは総量規制があります。
単純に考えるなら200万円借入したいと思ったら、年収は600万円以上必要ということになります。

消費者金融は年収だけで審査するわけではないので、他の理由などにより(審査基準は全てが公開されているわけではありません)年収600万円でも年収の3分の1以下を大幅に下回る50万円を上限額として審査に通るケースもあります。

こればかりは消費者金融の審査を受けて初めて分かります。

消費者金融で100万円以上借りたい場合は、初契約でいきなり100万円以上を借りようとするより、まずは消費者金融の審査で決まった上限額で借入を行い、そのあとで限度額アップの案内が来るのを待ったり、しばらく利用してから消費者金融側に相談してみるのがおすすめです。

100万円から200万円を借りるなら年収証明が必要になる可能性が高い

100万円から200万円を借りるなら年収証明が必要になる可能性が高い

100万円、200万円を借りるなら年収証明が必要になります。
銀行でも消費者金融でも50万円以上を借入するなら年収証明を必須としているのが基本です。

年収証明として使用できるのは「源泉徴収票」や「所得証明書」です。

50万円以上借入しようとすると年収証明が必要になるので、嘘の年収を申告して大金を借りるというのは不可能です。

年収に関係なく初審査では100万円から200万円を借りるのは厳しい!?

年収に関係なく初審査では100万円から200万円を借りるのは厳しい!?

ここまで銀行のカードローンにも消費者金融のカードローンにも触れてきました。
その結果、カードローン(資金使途が自由のローン)で最初から100万円、200万円借りようとしても今の世の中は難易度が高くなっていることがわかります。

100万円、200万円という大金を借入したい方の資金使途は旅行費用だったり学費だったりマイカーだったり色々ありますが、これがもし銀行の目的型ローンで対応できるなら、そちらを優先して検討してみるのもおすすめです。
目的型ローンは資金使途が決まっているローンで、住宅ローン、教育ローン、マイカーローンが有名です。

マイカーや学費が資金使途だと、必要金額が100万円を超えることもあるというのはもちろん銀行も想定しているので、希望金額で借入できる可能性が出てきます。

ただし、目的型ローンは最初から借入できる資金使途が決まっているものになるので、資金使途が該当しなければ資金使途が自由のローンで検討するしかなくなってきます。

100万円から200万円を借りる【銀行】以外の選択肢

消費者金融のカードローンも、いきなり100万円、200万円を借りるのは難易度が高いとはいえ総量規制に引っかかっていなければ後々限度額を上げるチャンスもあり、人によっては重視したい選択です。

ここでは大手の消費者金融の金利を確認しましょう。

消費者金融名 金利
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
レイクALSA 4.5%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%

最低金利だけみると銀行とそう変わらないと思われやすいですが、借入金額や審査結果により金利が決まってきます。消費者金融から借入した場合はだいたい15%~18%くらいの金利なることを想定しておいたほうがいいです。

100万円、200万円を借入するなら、実際に借りられるかは個人の状況により変わりますが、

①まずは銀行のカードローンを優先

②次に消費者金融のカードローン

という優先順位がおすすめです。

理由は銀行のほうが金利が安く、総量規制がないからです。
とはいえ一般的に銀行のほうが審査は厳しいといわれ、総量規制がなくても自主的に年収の3分の1以上は貸さないというところもあるようなので審査の通りやすさ「だけ」でみるなら、消費者金融>銀行になります。

「銀行の審査は多分通らないから最初から消費者金融のカードローンに申し込む」というのもありです。
「銀行の審査には通らないかもしれないけど審査してもらうだけなら無料だからまずは申し込んで、ダメだったら次は消費者金融に申し込みしてみる」というのもありです。

借入をしたい方は総量規制の問題や現在の年収などを加味して判断しましょう。

【状況別!!】100万円から200万円の借入をする方法

これから100万円から200万円のお金を借入したいとして、実際にできるかどうかの判断は銀行や消費者金融にゆだねる形になります。

ただ状況別に向いているやり方というのは分かれているので、みていきましょう。

ケース1:フリーター、フリーランスで100万円から200万円を借りたい

ケース1:フリーター、フリーランスで100万円から200万円を借りたい

フリーター、フリーランスで100万円から200万円の高額を借りたい場合は消費者金融のカードローンが向いていますが、ただしこの立場の方が消費者金融のカードローンで最初から100万円以上借りるのは難易度が高いと予想されます。

ちなみにフリーランスの方は、事業形態にもよりますが事業ローンが適用される場合があります。

例えば消費者金融のアイフルには「事業サポートプラン」という商品があります。
この商品では、審査に通れば総量規制を超える借入もできるチャンスがあります。

事業サポートプランは個人でも申し込むことができます。
個人で申し込む場合の必要書類はこちらです。

  • 確定申告書
  • 事業内容確認書
  • 本人確認書類

事業サポートプランはカードローンとして利用することができるので、フリーランスの方にはアイフルは注目したいところではないでしょうか。

フリーターの方については年収次第、状況次第となるものの、いきなり100万円から200万円借りるのは難易度が高いと予想されます。
フリーターの方で100万円から200万円借りたいときには、消費者金融や銀行もいいですが、まずは家族に相談できる状況なら相談することも検討しましょう。

プロミス
プロミス公式サイトはこちら

ケース2:学生だけど100万円200万円を借りたい

ケース2:学生だけど100万円200万円を借りたい

学生だけど100万円から200万円借りたいときには、資金使途が学費なら奨学金を優先しましょう。
また、両親が協力的なら両親の名義で教育ローンという選択肢もあります。

カードローンでも世帯主(保護者)に安定収入があれば審査に通る可能性があります。(自身が成人していることが条件です)

学費のためにお金が欲しいということであれば、家庭の経済状況次第で返済不要の奨学金を利用できる可能性があります。
また、他に返済不要で学費を負担してもらう代わりに新聞社に住み込みで新聞配達をする新聞社奨学金制度もあります。

学生さんには未成年、成人両方いますが、未成年の場合はまず周りの大人や学校の先生に相談しましょう。
成人の場合は状況によって臨機応変に対応しましょう。

ケース3:専業主婦だけど100万円から200万円を借りたい

ケース3:専業主婦だけど100万円から200万円を借りたい

専業主婦だけど100万円から200万円を借りたい場合には消費者金融と銀行両方対応できる可能性があります。
条件は世帯主に安定した収入があることです。

そこさえクリアしていれば専業主婦でも100万円から200万円借りられる可能性はあります。
あくまでも「可能性」だけなので、審査を受けてからになります。

ケース4:無職だけど生活費のために100万円から200万円を借りたい

ケース4:無職だけど生活費のために100万円から200万円を借りたい

無職だけど100万円から200万円借りたい場合は、一見難易度が高そうではありますが…実は安定した収入がある世帯主がいれば借りられる可能性が出てきます。消費者金融、銀行どちらでも可能性はあります。

もちろん条件・状況次第で審査は厳しくなる可能性はありますが、無職だから「絶対融資してもらえない」というわけではないのは大前提です!

無職だけど世帯主に安定収入がある場合は審査を受けてみるのもいいのではないでしょうか。

まとめ:高額の借入は審査などが厳しい!

今回は100万円から200万円の大金を借りたい方が借りる方法を中心に解説しました。

今は消費者金融でも銀行でも100万円から200万円という大金を借りるのはなかなかハードルが高まっていますが、総量規制などの点から見て借入できる条件にあるという方は!状況に合わせて申し込みをすれば借入のチャンスはあります。

申し込みをして審査してもらうだけなら無料なので、100万円から200万円借りたいという方はまず申し込みをしてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です