アイフルのコンビニ返済方法!手数料や流れについてわかりやすく解説

大手消費者金融カードローンである「アイフル」。
今回はこのアイフルでのコンビニ返済の方法や、その手数料・営業時間・注意点などについて詳しく解説していきたいと思います。

アイフルはコンビニ返済が可能!

アイフルのキャッシング・カードローンでは、コンビニ返済が可能になっています。

そのため都市部であれば仕事帰りにちょっとした買い物ついでに返済することができますし、基本的に早朝や深夜といった金融機関の窓口の営業時間外の時間帯でも返済できます。

また追加返済に関してもいつでもできますし、消費者金融の窓口や専用ATMではないため借入していることが周りに知られにくいのもコンビニ返済のメリットです。

アイフルの場合は提携ATMも多く、大抵のコンビニで利用することができるので、仕事帰りやちょっとした買い物ついでなどの際に周囲にバレずに借金返済したい場合に利用すると良いでしょう。

アイフルでのコンビニ返済方法

アイフルでのコンビニ返済方法としては、主に下記の方法があります。

  • 提携コンビニのATM
  • ローソンのマルチメディア端末「Loppi(ロッピー)」
  • ファミリーマートのマルチメディア端末「Famiポート(ファミポート)」

提携コンビニのATM

ローソンの「Loppi(ロッピー)」やファミリーマートの「Famiポート(ファミポート)」といったマルチメディア端末がないコンビニでは、アイフル提携コンビニATMで返済を行うことになります。

営業時間に関しては、そのアイフル提携コンビニATMによって微妙に変わってきますが、基本的には24時間利用することができます。

提携コンビニATMでの返済操作手順

提携コンビニATMでの操作手順は主に下記の通りです。

  1. ATM挿入口にローンカードを挿入する
  2. ATMの画面上から「返済」を選択する
  3. 現金(紙幣)を投入する
  4. ATMからローンカードと利用明細を受け取る

マルチメディア端末

マルチメディア端末は、ローソンの「Loppi(ロッピー)」やファミリーマートの「Famiポート(ファミポート)」と呼ばれるもので、この端末から借入したお金を返済することができます。

マルチメディア端末での場合は硬貨で返済をすることができるので、借り入れ残高に対してちょうど完済することが可能です。

「Loppi(ロッピー)」での返済操作手順

ローソンにある「Loppi(ロッピー)」での返済操作手順は、主に下記の通りです。

  1. トップ画面から「各種サービスメニュー」を選ぶ
  2. 「各種代金・料金お支払い・クレジット等のお支払い」を選ぶ
  3. 「カードローン・キャッシングのご返済」を選ぶ
  4. 「アイフル」を選ぶ
  5. ローンカード入れる
  6. 暗証番号を入力する
  7. 返済金額を入力する
  8. Loppiから出てくる申し込み券を受け取る
  9. 申し込み券をレジに持っていく

「Famiポート(ファミポート)」での返済操作手順

ファミリーマートの「Famiポート(ファミポート)」での返済操作手順は、主に下記の通りです。

  1. 「金融サービス」を選ぶ
  2. 「アイフル」を選ぶ
  3. ローンカード入れる
  4. 暗証番号を入力する
  5. 返済金額を入力する
  6. Famiポートから出てくる申し込み券を受け取る
  7. 申し込み券をレジに持っていく

コンビニ返済時における注意点

アイフルでのコンビニ返済時における注意点としては、提携ATM・マルチメディア端末に共通して下記の点が挙げられます。

  • 返済方法により返済のタイミングが変わる
  • ローンカードがない場合はATM自体使えない

返済方法により返済のタイミングが変わる

アイフルの返済方式は「約定日制」と「サイクル制」とがあります。

「約定日制」は毎月決まったタイミングに返済するという返済方法で、その返済期間は契約者が指定した返済日の10日前~返済日までの11日間の間になります。

つまり例として返済日を20日に決めた場合は、毎月10日~20日までが返済期間となります。

ただここで注意しておかなければならないのは、返済するタイミングがこの毎月10日~20日までの期間ではなく、5日などに返済した場合は、その月の返済は済んではいるものの、返済期間に返済しなかった場合は支払い遅延扱いになってしまうということです。

こうなるとその後借入ができなくなったり、遅延損害金が発生したり、取り立てが来てしまったりと厄介なことになってしまうので気を付けましょう。

また「サイクル制」は約定日制とは違い毎月決まったタイミングに返済する必要がなく、前の返済から35日以内であればいつでも返済可能になります。

ただし35日を過ぎても返済しなかった場合は、支払い遅延となり遅延損害金が発生するなどしてしまいます。

このようにアイフルでは選択した返済方法によって、返済すべきタイミングや猶予が変わってくるので注意が必要です。

ローンカードがない場合はATM自体使えない

またコンビニで返済するときに、ローンカードがない場合は返済することができません。

アイフルではWEB完結契約と呼ばれるカードレスでの契約が可能ですが、その際はローンカードが発行されません。

そのためWEB完結契約している場合は、コンビニで返済することもできないので気を付けておきましょう。

ただしセブンイレブンのセブン銀行ATMでは、専用のスマホアプリを使うことで、カードレスでお金の返済や借入をすることが可能です。

提携ATMでの返済における注意点

提携ATMで返済する場合は、硬貨が使えず紙幣でしか返済することができません。

そのため最小1,000円単位からでしか返済することができず、完済したい場合は大体借り入れ残高よりどうしても多く支払ってしまうことになります。

ただこの余分に支払った分に関しては、一応アイフルの方から返してもらえます。

しかしその際に電話連絡をしなければならなくなり、少々面倒になるという点について注意が必要です。

マルチメディア端末での返済における注意点

マルチメディア端末で返済する場合は、下記の注意点が挙げられます。

  • 原則として7時から23時30分までしか対応していない
  • 提携コンビニATMとは違い借入ができない

原則として7時から23時30分までしか対応していない

マルチメディア端末で返済する場合は、提携コンビニATMのように基本24時間いつでも返済できるわけでなく、原則として7時から23時30分までしか対応していません。

また申し込み券の発券に関しては23時までとなっています。

したがって23時以降から翌朝にかけて返済したい場合は、マルチメディア端末ではなくATMの方で行う必要があります。

提携コンビニATMとは違い借り入れができない

マルチメディア端末では、提携コンビニATMと同様に返済はできますが、借入することはできません。

借入なので返済とは関係がありませんが、キャッシングする際は注意が必要です。

コンビニ返済可能な時間帯は?

アイフルでのコンビニ返済可能な時間帯は下記の通りです。

返済方法 コンビニ 営業時間
提携コンビニATM セブン銀行ATM セブンイレブン ・平日/祝日:0:00~2:00、 3:00~24:00
・土曜:0:00~2:00 3:00~23:00
・日曜:7:00~24:00
ローソンATM ローソン 24時間(年中無休)
イーネットATM セブンイレブン・ローソン以外のコンビニ 24時間(年中無休)
マルチメディア端末 Loppi ローソン 7:00~23:30(年中無休)
Famiポート ファミリーマート 7:00~23:30(年中無休)

提携コンビニATMに関しては、基本的に24時間365日利用可能ですが、セブン銀行に関しては日曜日は深夜~翌朝にかけて使えなかったり、平日などでも一部時間帯は利用できなかったりします。

その他システムメンテナンスなどにより利用できないこともあるので注意が必要です。

ちなみにイーネットATMは、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキなどのコンビニで設置されています。

コンビニ返済時にかかる手数料は?

またコンビニ返済時における手数料は、コンビニの提携ATM・マルチメディア端末共通で下記の通りです。

取引金額 手数料
1万円以下 108円
1万円以上 216円

このように手数料は取引金額によって変わります。

ちなみに借り入れ時の手数料に関しても、返済時と同様の金額になります。

アイフル専用ATMなら返済時にかかる手数料が無料に!

コンビニで提携コンビニATMやマルチメディア端末で返済する際はその都度手数料がかかりますが、アイフル専用ATMなら返済時にかかる手数料が無料になります。

そのため返済時の手数料を抑えたいのであれば、アイフル専用ATMで返済すると良いでしょう。

最寄りのアイフル専用ATMを探すには、アイフル専用ATM検索ページにて調べることができます。

場合によってはアイフルカードでコンビニ返済できないことも・・・

アイフルカードをATMに入れたけれども、場合によっては「取り扱いできません」と表示されて返済できないこともあります。

このように返済ができない場合は、カードの磁気不良や破損などが原因であると考えられます。

アイフルカードが使えないときはどうすればいいの?

何らかの理由によりアイフルカードが使えない場合は、アイフルの方に連絡してカードが使えない原因を調べてもらい、利用できないと分かれば新しいカードを再発行してもらうようにすると良いでしょう。

なおアイフル会員専用ダイヤルの問い合わせ先電話番号は「0120-109-437」です。

受付時間に関しては平日9時~18時のみとなります。

また急いでいる場合であれば、セブンイレブンのセブン銀行ATMで使える「カードレスアプリATMキャッシング」を利用して返済すると良いでしょう。

このアプリをスマホにインストールしたうえで、セブン銀行ATMで操作をすることで、カード不要で返済できるのはもちろん借入まですることが可能です。

 

お金を借りるならプロミス

初めてお金を借りるなら30日間無利息
webなら即日融資も可能
webで完結出来るキャッシングならプロミス
最短1時間融資も可能。プロミス公式サイトはこちら

プロミスの口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です