アイフルの審査の流れ。評判と口コミに真実はあるのか

大手の消費者金融「アイフル」は知名度が高く、これから借入を検討している方の候補に挙がりやすいのではないでしょうか。

大手の消費者金融は他に色々あるので迷ってしまいやすいもの。
総量規制のことを考えたり返済のことを考えたりすると基本的にローンは1社だけと契約を交わすのが定番です。選択に迷ったときにはそれぞれの消費者金融の特徴やサービス内容を知ることが大切です。

そこで今回の記事では「アイフル」に視点を当てて。
アイフルのことを詳しく確認していきましょう!
申し込みする消費者金融を迷っている方、アイフルを優先して検討中の方はぜひチェックしてくださいね!

アイフルの審査の流れ

アイフルの審査の流れ

アイフルの人気商品といえば、無担保&保証人不要。限度額内で何度でも気軽に借入できるカードローンです。

カードローンの審査の流れはどうなるのか、審査は厳しいのか。この辺りをとても気にする方は多いです。

審査は、アイフルの社内基準については非公開なので何ともいえません。
しかし審査に確実に影響を与えると判明しているのが、

  • 現在の借入状況
  • 過去の履歴(破産したことがあるか返済を遅延したことがあるか)
  • 職業&年収
  • 家賃情報や年齢など

現在の法律では消費者金融で借入しようとすると、年収の3分の1を超える金額は総量規制がかかり借入することができません。
これはアイフル1社で見るのではなく、他に借入しているならそちらも含めて年収の3分の1以下にしなければいけません。

審査に落ちた!理由で考えられるのは何?

審査に落ちた!理由で考えられるのは何?

アイフルに申込をすると借入できるかどうかは審査の結果で決まります。
審査の結果、「融資できない」とか「借入希望額から下がった金額(限度額)で審査に通る」といった展開になる可能性があります。

万が一審査に通らなかったら何が影響したのかというと、個人の状況により様々です。

特に影響を与えやすいといわれているのが現在の借入状況と過去の履歴です。
過去に自己破産を経験していると、申し込みをしたらバレます。
別の企業からの借入だったとしてもバレます。

消費者金融でも銀行でも融資する前には、信用情報機関というところから借入希望者の情報を得て審査を行います。
信用情報期間は5年で履歴がリセットされるといわれていますが、それでも5年以内であれば確実にわかってしまいます。

借金の履歴だけでなく、場合によっては例えば家賃の滞納や携帯料金の支払い遅延の履歴も登録されることがあるようです(※これは1ヵ月2ヵ月の滞納では登録されないといわれていますが、長期だと登録されてしまうことも…)

「過去」がこのような背景で影響を与えるとして、
「現在」がどのように審査に絡むかというと、総量規制に引っかかるかどうかという点です。

300万円の年収の方は、年収の3分の1を超える100万円以上のお金を借入することはできません。仮に3分の1を超える金額を希望して申し込みして審査に通ったとしたら、それは「借入の上限金額」が下がる代わりに審査に通る形になるはずです。

「借入の上限金額」が下がる代わりに審査に通る展開ではなく、「審査自体に通らない(1円も借入できない)」ということであれば、審査に影響を与えた原因が他にあると考えられます。

【アイフルで審査に落ちる場合に考えられる理由】

  • 過去に自己破産経験がある
  • 家賃の滞納や携帯料金の支払い遅延履歴が信用情報機関に登録されている
  • 年収から月々の返済が難しいと判断された
  • 月収からみて家賃が高すぎたり、年齢が高齢だったり未成年だったりその他の理由が影響

アイフルの評判と口コミに真実はあるのか

アイフルの評判と口コミに真実はあるのか

アイフルのように大手の消費者金融になると必然的に利用している方が多いです。
利用している方が多ければ、必然的に口コミの数も増えやすくなるもの。アイフルの口コミは実際多めです。その口コミが全体的にどのような内容かというと…

基本的に「審査に通ったか」「通らなかったか」という口コミが中心で、利用やサービスの満足度についての口コミは少ない傾向です。
理由は、アイフルで提供しているカードローンは目に見える「物」を販売するサービスではなくお金を融資するサービスなので、使用満足度的な評価が付きにくいことが背景にあります。

その中で、商品(サービス)満足度に関連する口コミを一部ピックアップしてみましょう。

A・Yさん(33歳/男性/会社員)
「急にお金が必要な事情があり、電話で相談したら即日対応してくれて無事にお金の用立てに間に合いました。電話口のオペレーターの女性がとても優しい声で親切に対応してくれ、消費者金融に厳しくて強面男性のイメージを抱いていた私はギャップに少しびっくりしました。
質問にも丁寧に答えてくれて商品知識も豊富です。アイフルは社員教育もしっかりしていると思います」

O・Nさん(40歳/女性/看護師)
「アイフルには女性専用の相談窓口があり気軽に電話することができました。融資希望金額で無事に審査に通り、活用しています。アイフルのカードローンはとても便利です」

U・Sさん(24歳/女性/会社員)
「毎月の返済をコンビニATMでできるから便利です。アイフルATMに入るのを知り合いに見られたら嫌だと感じますが、コンビニATMなら知り合いに見られても借入していることがバレないのでありがたいです。仕事で夜遅くなった日に返済するにもやっぱりコンビニATMが便利で助かっています」

今回ご紹介した口コミは一部ですが、アイフルの商品(サービス)への口コミは全体的に高評価の印象です。

評判ではアイフル「やばい?」真実?それとも嘘?

アイフルは大手の消費者金融でありCMでもお馴染みです。
昔から知名度が高い消費者金融ということで、雰囲気もオープンでしっかりしている企業。きちんと法律のルールにのっとって融資を行っています。

融資にあたりアイフルと事前に交わした約束を守ってきちんと返済するなら不満を感じる可能性は低いでしょう。

食品や衣服を購入するわけではないので商品の状態がどうこうというトラブル(クレーム)は発生しづらいです。

また、お金を借入するサービスなので、問い合わせしたいことがありアイフルのオペレーターに電話をするとき以外は基本的にATMと向き合うことが多いです。ATMは機械。今はほとんどの方が操作にも慣れているはずです。そのため不満を感じづらいです。

ちなみにもし返済を遅延したら「アイフルが手の平を返してくる」と誤解をしている方もいるかもしれませんが、この辺りは心配しなくて大丈夫です。

仮に返済を遅延したとしても無理な取り立ては禁止されています。
自宅に来て玄関をノックして怒鳴り散らすような取り立てを不安に感じている方は、このような取り立てはアイフルは行っていないと認識しておきましょう。

返済を遅延した場合や、せざるを得ない状況になってしまったときはアイフルに電話して事情を説明しましょう。
まずは利息だけでも返済するか、期日をずらすか、アイフル側は親身になって相談に乗ってくれて返済スケジュールの見直しも検討してくれます。
お金を借りる以上はきちんと返済するのが義務ですが、アイフルは良心的な消費者金融なので相談はしやすいはずです。

アイフルは法律にのっとって営業。消費者金融として国の許可も取得しています。
そしてCMも流していて利用者も多い、そんな消費者金融なら安心することができます。

アイフルの特徴や企業情報を確認

アイフルの特徴や企業情報を確認

ここで気になるアイフルの企業情報です!

企業名 アイフル株式会社
本社住所 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
登録番号 近畿財務局長(12)第00218号
上場年月日 1998年10月1日
営業店舗数 全国主要都市887店舗( 2018年12月31日現在 )
電話番号 ・はじめての申し込み⇒0120-201-810
・女性専用ダイヤル(女性オペレーター対応)⇒0120-201-884
・会員専用ダイヤル⇒0120-109-437

※お金を貸すサービスを扱う企業は登録番号の取得が義務付けられています。登録番号は5桁。これがきちんと(桁数も正確に)取得されている消費者金融は規模に関わらず信用することができるので、1つの目安になります。

「アイフル」という名前は有名ですが、意外と取り扱い商品の多くは知らないという方は多いのではないでしょうか。
以下ではアイフルの特徴や取り扱い商品を確認していきましょう。

アイフルのフリーローンは使用使途が自由!担保や保証人不要なのが強み

アイフルのフリーローンは使用使途が自由!担保や保証人不要なのが強み

アイフルのような大手の消費者金融で有名なのが「カードローン」(資金使途が自由で上限金額の中で何度でも借入できる商品)ではないでしょうか。(アイフルではカードレスを希望すればWEBのみで対応することもできます)

提携ATMや銀行ATMから、上限金額の中で自由に借入が出来たりいつもより余裕があるときは多めに返済できたりと、使い勝手のよい借入方法です。

アイフルでそのようなカードローンにあたるのが「キャッシングローン」という名称の商品です。

【アイフルの商品】

商品名称 特徴 実質年率 借入上限金額
キャッシングローン いわゆる一般的なカードローンです。 3.0%~18.0% 800万円まで
かりかえMAX 既に他社で借入している方向け。金利を減らして計画返済するための借入プランです。 3.0%~17.5% 800万円まで
おまとめMAX 複数の企業から借入している方向き。金利を減らして計画返済するための借入プランです。 3.0%~17.5% 800万円まで
事業サポートプラン(法人・個人) 様々な事業サポートプランを用意しているプランです。(※無担保・不動産担保ありから選択できます!) ・不動産担保なし⇒3.0%~18.0%

・不動産担保あり⇒3.0%~12.0%(利息が安くなる!)

・不動産担保なし⇒500万円まで

・不動産担保あり⇒100万円~1億円まで!

大手の消費者金融のカードローンというと無担保・保証人不要で申し込みできることから、こちらが必要な銀行のローンと比べると気軽に申込みしやすいことで知られています。

しかしアイフルには用途に合わせて不動産担保ローンを選択することができます。
事業資金でお金を借りたい方向けなので、使途が基本的に自由の「カードローン」とはまた違う(人によっては利用できない)商品になりますが、利用できる条件に該当していてニーズに合うなら注目です!

金利(実質年率)は他の大手カードローンと比べてどう?

金利(実質年率)は他の大手カードローンと比べてどう?

アイフルの実質年率については先ほど触れた通りです。
それではアイフル以外の大手の消費者金融で比べるとどうなのでしょうか。
※カードローンの場合の実質年率で比較してみましょう。

消費者金融名 実質年率
アイフル 3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
レイクALSA 4.5%~18.0%

実質年率の下限でみると、アイフルとアコムが並びます。

ただ注意しておきたいのは、審査の結果や借入金額により実質年率は変わるので必ずしも下限の実質年率が適用されるわけではなくどこで借入してもけっきょく実質年率は同じになる可能性があります。

基本的に大手の消費者金融は実質年率が並んでいる(同水準)なので選ぶ際の基準はここ以外にも商品の特徴や近場に提携ATMがあるかなどの総合判断で選ぶといいのではないでしょうか。

アイフルの申し込み方法をチェック!

アイフルの申し込み方法をチェック!

アイフルに申し込みをして審査をしてもらうだけなら無料です。
「審査に通るか不安」という方も、申し込みしてみたら意外と普通に通るケースもあります。審査をしてもらうだけなら負担がないので、迷ったり不安に感じたりしたらまずは申し込みしてみるのはいかがでしょうか!

それではアイフルの申し込み方法をチェックしていきましょう。

【アイフルの申し込み方法】

  • WEBで公式サイトから申し込み
  • 電話で申し込み
  • 店頭で申し込み

この中でおすすめなのはWEBで公式サイトから申し込みする方法です。24時間入力可能です。

【WEBで公式サイトから申し込み】

ステップ1:申込み⇒ WEBの公式サイトから専用フォーマットで申込みすることができます。(スマホ・パソコン・ガラケー対応)
ステップ2:審査⇒ 本人確認書類(場合により収入証明書類)の提出が必要です。
※提出方法は申込の後、メールで案内してくれます。
審査は最短30分で完了!!
ステップ3:契約手続き⇒ スマホ・パソコン・ガラケーで契約できます。
※ここでアイフルカードの有無を選択可能です。
ステップ4:カードを発行しないを選択した場合⇒ スマホアプリで原則24時間365日取引可能です!
※カードがないのでATMは使用できません。
※アプリなのでガラケーでは利用できません(ガラケーでできるのは契約までです)
ステップ4:カードを発行するを選択した場合⇒ カードの受取は郵送・来店より選択可能です。
郵送受取の場合は、カード到着前でも登録銀行口座への振込みが可能です。
来店受取の場合はカード発行後すぐに借り入れ可能です。

WEB申込の強みは来店しなくていいことです。

また、アイフルはスマホアプリを活用するのが便利です。

【アイフルのスマホアプリの便利さ!】

  • アイフルカード(ATMで利用する借入返済用のカードを発行しなくても利用楽々)
  • 原則24時間365日取引が可能

ちなみに、もちろん目に見えるカードを所持して手で現金を触る借入をしたいという方もいるのではないでしょうか。その場合はアイフルカードを発行してもらいましょう。
アイフルカードがあればセブン銀行ATMで借入・返済することができ便利です。

【電話で申し込み】

ステップ1:申込み⇒ 電話にて申し込み可能です。(09:00~21:00)
ステップ2:審査⇒ 審査を行います。
ステップ3:契約手続き⇒ 全国の店舗・契約ルームにて契約が可能。その場でアイフルカードが発行されます。
※郵送での契約も可能です。
※来店の際は運転免許証・パスポートなどの本人確認書類(場合により収入証明書類)が必要です。
ステップ4:借入⇒ 全国のアイフルATMや提携ATM・コンビニに借り入れが可能です。
また、登録口座へのお振込みも可能です。

電話で申し込みをすると、一旦店舗・契約ルームに足を運ぶ手間は必要ですが、その場でアイフルカードを発行してもらえるので帰りにお金を借入するというのもできて便利です。
アイフルカードが欲しくてスピード感を求めるならいいかも。

【店頭で申し込み】

ステップ1:申込み⇒ 全国の店舗・契約ルームにて申し込みが可能です。
※来店の際は運転免許証・パスポートなどの本人確認書類が必要(場合によっては収入証明書が必要となることもあり)
ステップ2:審査⇒ 借り入れ可能かその場で審査します。
ステップ3:契約手続き⇒ その場でアイフルカード発行します。
ステップ4:借入⇒ 全国のアイフルATMや提携ATM・コンビニにて借り入れが可能です。
また、登録口座へのお振込みも可能です。

全国の店舗・契約ルームに足を運び最初から最後までそこで一連の流れをこなす申込みもできますが、審査もその場で行うため全国の店舗・契約ルームで待つ時間が出てきます。

人によっては待ち時間が暇と感じてしまうので、直接全国の店舗・契約ルームに行くよりはWEBもしくは電話でやり取りして審査まで終えておくほうが便利かも?

好みによって申込み方法を選択しましょう。
選択肢があるのもアイフルの魅力です!

アイフルは即日融資に対応しているのか

アイフルは即日融資に対応しているのか

アイフルでは即日融資に対応しています。

WEB、電話、店頭どの方法で申し込みしても、全て営業時間内に急いで対応すれば即時融資してもらうことができます。

審査の時間や契約の時間が必要になるので、即日融資を希望する方はお昼くらいには申込みを行うのが安心です。(営業時間内なら夕方以降対応してくれますが、念のため)

即日融資&早急に融資を希望するなら以下の手順を行いましょう。

【アイフルで即日融資&早急に融資してもら方法】

インターネットから申し込み⇒アイフルに電話(これで審査の時間を短縮)⇒その後の対応に進む

※状況次第で審査には時間がかかるので連絡した時間帯によっては急ぎの融資に対応できない場合もあるので、夕方よりは昼、昼よりは午前中にアイフルに相談するのがおすすめです。

 

アイフルに申し込む前に確認しておきたいあれこれ

アイフルに申し込む前に確認しておきたいあれこれ

ここまでアイフルについて色々とご紹介しました。
続いてはアイフルに申し込む前に確認しておきたいあれこれについて1つずつ確認しておきましょう。

総量規制って何?これを超えない金額で申し込みしないと審査に通らない!?

総量規制って何?これを超えない金額で申し込みしないと審査に通らない!?

先ほども触れましたが、アイフルは総量規制が適用されています。
アイフル1社だけでなく他社も含めて借入総額が年収の3分の1を超えないように、申込み時には借入希望金額を決めましょう。

※収支のバランスが取れると判断され、総量規制以下に収まっていれば仮に他社から借入していてもアイフルの審査は通ることが多いです。

アイフルの申込必要書類や身分証はどれが使える?

アイフルの申込必要書類や身分証はどれが使える?

申込みをしてどのタイミングで必要になるかは、方法によって変わりますがアイフルに申し込んだら申込み書類が必要になります。
そのときにバタバタと慌てないためにも事前に準備して即提出できるようにしておきましょう。

【アイフルの申し込み必要書類】

  • 本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)

上記を所持していない場合は、個人番号カードや住民基本台帳カードでも代用できます。
それも所持していない場合はアイフルに相談してみましょう。

また、本人確認書類に記載の住所が現在住所と異なる場合は以下のいずれかの書類より原本1点を合わせて提示しなければいけません。

  • 現住所が記載されている本人確認書類(健康保険証、パスポート、年金手帳、母子健康手帳など)
  • 直近2回分までのもので領収押印がある公共料金領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHK)
  • 官公庁発行書類で氏名、住居、生年月日の記載がある書類で発行日より6ヵ月以内のもの(住民票、納税証明書、印鑑登録証明書など)

ちなみに基本的には本人確認書類だけで申込みできる(無担保・保証人不要)のが売りではありますが、借入希望金額や審査の状況次第では年収証明をしなければいけません。

年収証明が必要になる状況は、

①アイフルのご利用限度額が50万円を超える場合
②アイフルのご利用限度額と他社からの借入総額が100万円を超える場合
③就業状況の確認等、審査により必要と判断された場合

上記の3つのいずれか1つでも該当する場合が基本です。

【アイフルで年収証明書類として使えるもの】

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書(直近2ヶ月分/賞与支給があるなら1年以内(夏・冬・各々)の賞与明細書も合わせて提出)
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 支払調書
  • 所得証明書
  • 年金証書、年金通知書(年金以外に主となる定期的な収入がある方に限る)

職場や勤務先への在籍確認ってしないで絶対されちゃうの?アイフルって名乗るの?

職場や勤務先への在籍確認って絶対されちゃうの?アイフルって名乗るの?

消費者金融は基本的にどこも職場への在籍確認をしています。
お金を融資するわけなので在籍確認は仕方ないといえます。

…しかし!何とアイフルではお願いすれば在籍確認をしないでくれるケースがあります。

例えば会社から発行されている保険証を提示するなどして、書類で在籍確認を行い職場には電話しないでくれるという方法です。こちらを希望する場合はアイフルのオペレーターに相談してください。

在籍確認は普通に対応するなら電話が基本です。
アイフルのオペレーターが個人名で電話をかけます。
申込者本人以外が電話に出た場合は取次をして欲しいと個人名のまま伝えてくれるので、アイフルからの電話だとはバレません。

とはいえ職場環境によっては、個人名で電話がかかってきた時点で「借入では?」とバレる可能性があるのは否定できません。そのため中には在籍確認が絶対嫌!!という方もいますが、アイフルは良心的に相談に乗ってくれるようなのでまずは気軽に相談してみましょう。

借り入れの種類

アイフルに申し込み、審査が通り、借入できる状態になったら。さっそく借入!方法はこちらです。

【アイフルの借入方法】

  • 全国のアイフルATM(手数料無料!!)
  • 提携ATM(セブン銀行・イオン銀行・三菱UFJ銀行・親和銀行など)(手数料負担あり)
  • コンビニに設置されているATM(手数料負担あり)
  • インターネットからの振込予約(当日振込も可能!)
  • 電話からの振込予約(当日振込も可能!)

上記の5つがアイフルで対応している基本的な借入の方法です。

他に不動産を担保にして借入をする商品に契約をしている方については、店頭での融資も可能です(それ以外の商品に契約しているとこの方法は選択できません)

人気があるのはアイフルATMや提携ATM(コンビニATM)の利用です。
こちらは返済でも同じように利用できます。
銀行のATMで現金を引き出したり預け入れしたりするときの操作感と同じなので、気軽に利用できます。

返済方法と返済日

アイフルと契約してお金を借入したら、ルールを守って返済していく必要があります。
一括ですぐに返す方というのもいますが、だいたいの方が毎月少しずつ返済しています。

そしてアイフルの返済日は、「35日サイクル制」か「約定日制」好きなほうを自分で選択して決めることができます。

まずはアイフルの返済方法について。以下で確認していきましょう。

【アイフルの返済方法】

  • 全国のアイフルATM(手数料無料!!)
  • 提携ATM(セブン銀行・イオン銀行・三菱UFJ銀行・親和銀行など)(手数料負担あり)
  • コンビニに設置されているATM(手数料負担あり)
  • 振込返済(振込手数料の負担あり)

【アイフルの返済日】

35日サイクル制 返済した日から35日サイクル制で次回の返済日が決まる
約定日制 自分にとって都合のいい、毎月一定の「返済日」を指定する方式。※返済期日までの10日間が返済期間になります。

ちなみに「借入」でも「返済」でもどちらでも手数料無料の方法はアイフルATMを利用しての対応です。

提携ATMやコンビニや銀行振込では何かしらの手数料がかかるので、手数料にこだわりたいならアイフルATMの利用がベストといえます。

返済後の解約について

アイフルで借りたお金を完済し、もう利用しないという場合はアイフルと契約時に交わした契約書をそのままアイフルに保管してもらうか、返却してもらうかで後の対応が変わります。

カードローンにおいては完済したらもうアイフルカードを利用できなくなるわけではなく、アイフルカードを利用して引き続き限度額の範囲で借入はできます。(※アイフルカードがないプランもあります)

もう今後借入をしないということであれば、アイフルに連絡してその旨を伝えてカードを停止してもらい契約書を返却してもらいましょう。この辺りは自分で指定しなくてもアイフルのオペレーターに「解約したいです」といえば、案内してくれるのでとりあえず電話して伝えましょう。

契約書を返却してもらったら、所持しているアイフルカードはハサミでカットしましょう。

ちなみにアイフルカードは完済後、新規で借入しなければ特に持っていても何か損をするわけではないので万が一のときのためにでも引き続き契約したまま持っているのもありです。

アイフルのその他の種類

アイフルで人気の商品(サービス)は使途が基本的に自由なカードローンですが、他社からの借り換えや複数社の返済をまとめるためのおまとめローンなどの商品もあるので、ニーズに合わせて選択できます。

【他社で借入をしている方におすすめの商品】

  • かりかえMAX
  • おまとめMAX(無担保ローン・不動産担保ローン)

複数社から借入をして毎月各社に返済していると利息の部分はそこそこもったいないことになりますが、まとめられるならまとめたほうが利息の部分がお得になるケースがあります。
気になる方は、アイフルのオペレーターに相談してみましょう。

ファーストプレミアム・カードローン

ファーストプレミアム・カードローン

アイフルに初めて契約する方に注目して欲しいのが「ファーストプレミアム・カードローン」です。

こちらは使途自由のカードローンです。
魅力的なポイントは、30日間の利息が0円になることです。
借りてすぐ返済できる目途がある方には最高のプラン…!

利用条件・適用条件はこちらです。

【利用条件・適用条件】

  • 満23歳~59歳で一定の年収がありアイフルを初めて利用さる方
  • 定期的な収入と返済能力を有しアイフルの社内基準を満たす方

(※取引期間中に満70歳になった時点で新たな融資は停止)

【ファーストプレミアム・カードローンの特徴】

実質年率 3.0%~9.5%
契約限度額 100万円~800万円
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間 1回の支払いにつき35日以内、または毎月約定日払い
担保・連帯保証人 不要
必要書類 本人確認書類、収入証明書類
注目! 30日間の利息0円

 

SuLaLi

SuLaLi

これからアイフルを利用しようか検討中の「女性」かつ、希望金額が10万円以下の方におすすめしたいカードローンがあります。その名も「SuLaLi」です。

SuLaLiはアイフルの女性向け商品です。
女性向けだけあってカードがカワイイのが特徴!キャッシュカードっぽくないくらいカワイイです!

SuLaLi専用ダイヤルがあり、来店不要なので借入は周りにバレづらく、借入限度額は10万円です。限度額はアイフルの他の商品と比べると最初から低めを前提としています。

大金を借りたい場合には利用しづらいプランですが、「カードローンに契約したらMAXで無駄遣いしちゃいそうで怖い」という方からすると魅力的です。使いすぎるリスクを排除できます。

【SuLaLiの特徴】

  • 限度額は10万円まで
  • 専用ダイヤル完備(0120-201-656/平日9:00-18:00まで)
  • 女子力を高める専用のデザイン(キャッシュカードには見えない可愛さ!)
  • 来店不要でWEB申し込み完結
  • 万が一の連絡は原則SNSで行うので安心

借り過ぎが心配の女性で、急な出費に備えて念のため契約しておきたい方、ショッピングに利用したい方は注目してみるのはいかがでしょうか。

SuLaLiはアイフルのカードローンの女性向け別名称の商品というイメージです。

例えば銀行のローンはお家を建てるときや事業のためなど「借入したお金の使途」が重視され、使途に適した商品で借入をするのが基本です。(銀行にもカードローンがありますが審査的にはカードローンに対応している消費者金融のほうが緩くなりやすいといわれています)

それに対しアイフルが提供しているようなカードローンの商品は使途が自由で、旅行でもレジャーでもショッピングでも。それから例えば学費や納税資金にしてもOK
銀行の専門商品に契約する状況ではないけど、借入をしたい理由があるときにはアイフルのような消費者金融に注目しましょう。

まとめ:ちょっとの借入もできる便利なアイフル!利用は計画的に!

今回の記事では、大手の消費者金融「アイフル」についてご紹介しました。

申込時の在籍確認について相談したい方にはけっこうおすすめ。提携ATMもあり便利なアイフルにぜひ注目してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です