街金こと中小消費者金融でお金を借りる。街金一覧

お金を借りる必要が出てきたとき、借りる先(消費者金融)は選択することができます。
数ある選択肢の中でどこにしようか迷ったとき、知名度が高い大手の消費者金融業者を優先して検討している方が多いのではないでしょうか。

大手の消費者金融業者以外にも安心して利用できる消費者金融業者はあります。
今回は「地域密着系」の消費者金融業者、「街金」とも呼ばれるサービスに視点を当ててご紹介します。

お金を借りるカードローンランキングについてはこちら

街金こと中小消費者金融でお金を借りる。街金一覧

街金と呼ばれるサービスの中で、有名どころ&人気どころをピックアップしてみました。

ここでは街金の人気商品である「カードローン」(使途自由のローン)で借入する場合の、実質年率に触れていきます。

【街金各社の名称とフリーローンの実質年率】

名称 金利
アロー 15.00%~19.94%(実質年率)
AZ株式会社 7.0%~18.0%(実質年率)
キャッシングエイワ 17.9507%~19.9436%(実質年率)
しんわ 7.0%~18.0%(実質年率)
セントラル 4.8%~18.0%(実質年率)
中央リテール 10.95~13.0 %(実質年率)
フクホー 7.30%~20.00%(実質年率)
ライフティ 8.0%~20.0%(実質年率)

聞いたことがあるサービス名も、初めて聞くサービス名もあるのではないでしょうか。

上記が街金と呼ばれるサービスです。街金でお金を借りる場合は、上記の中から選択するのがおすすめです。

金利がお得なのはここ!

銀行が提供しているカードローンだと実質年率の下限が1~3%というところが中心なので、そちらと比べるとどうしても街金の実質年率が高く見えてしまうのは事実です。

ただし一般的に街金のほうが銀行グループのカードローンより審査が厳しくないといわれているので、実質年率の部分を加味しても街金にはメリットがあるはずです。

今回ご紹介している街金のカードローン(使途自由のローン)の中では「セントラル」の実質年率、4.8%~というのが最も下限が低くなりました。

実質年率の決定は、審査内容や借入金額にも左右されます。

そのため必ずしも自分自身の状況において実質年率「4.8%」が適用されるというわけではありませんが、長期の借入を検討している場合などは少しでも実質年率が低いほうがいいと感じる方が多いので、まずはセントラルに問い合わせてみるのもありではないでしょうか。

そもそも「街金」って何?闇金やサラ金とは違うの?

ここまで普通に「街金」と記載してきましたが、そもそも「街金」とは何なのでしょうか。

意外と知られておらず、名前のパッと見の印象から「なんか某漫画とかで取り上げられているようなヤバいアレなのでは・・・?」と、誤解されるケースもあるようです。

しかし!!安心してください。街金はしっかりと認められた消費者金融業者であり安心の業態です!

街金=中小規模の消費者金融業者のことです。

CMでお馴染みの、全国規模の大手消費者金融業者のような形態ではなく、特定地域で営業をするスタイルです。(※各地に店舗を持っている街金もあります)

大手の消費者金融業者⇒ アコム・プロミス・レイクALSA・アイフルetc・・・
街金(中小規模の消費者金融業者)⇒ アロー・AZ株式会社・キャッシングエイワ・しんわetc・・・

全国規模の大手か地域に根ざした営業形態か。基本的にはこの違いだと認識しておきましょう。

ちなみに似たような言い方で「サラ金」というのもあります。
「サラ金」は=「サラリーマン金融」のことで、カードローン全般のことを指すようです。

登録番号の有無や甘い謡い文句には気をつけよう

街金については上記で触れた通りです。

街金はきちんとした消費者金融業者なので、審査に通れば法律のルールにのっとってお金を貸してもらうことができます。そしてお金を借りた側はきちんと約束を守って返済していくのが決まりです。

世の中には街金や大手の消費者金融業者以外にもお金を貸している業者というのが存在します。
中には違法すれすれだったり、もはや違法だったりすることもあるようで、お金を借りる側はどれだけ急遽お金が必要な事情があったとしても、違法系の業者からは借りないように気を付けなければいけません。

それではきちんとした消費者金融業者と違法なところを見分けるにはどうしたらいいかというと、「登録番号」が役立ちます。
お金を貸す業者は、登録番号の取得が定められています。
登録番号は5桁の数字で、公式サイトや店頭の入り口にきちんと確認できるように提示されています。

それが確認できない、見当たらない、もしくは桁数がおかしいということであれば別の企業に申込をしたほうが安心です。

どうしてもすぐにお金が必要で焦っているとき、多くの人はプレッシャーやストレスで冷静な判断力を失います。
甘い誘惑があると、状況を脱するために、いつもなら注意するところでも注意力が散漫になり飛びついてしまうかもしれません。
しかし返済していくのも借りた分の責任を取るのも未来の「自分」です。

けっきょくのところ冷静に判断することが未来の自分のためになるので、お金をどこから借りるかは事前に検討しましょう。

大手の消費者金融業者、街金、どちらにもメリットや魅力はあります。
人によってどちらを選ぶかはバラバラです。
自分にとって最適だと思うほうを冷静に判断して、計画性を持って借入を行いましょう。

街金は審査が他の金融業より緩い説あり!自己破産者に融資したケースも?

各社とも社内での審査基準は非公開なので「緩い」「緩くない」とは一概に言い切ることができないものの、自己破産経験者が街金で審査に通ったケースはあるようです。

一括りに自己破産経験者といっても状況はそれぞれ違うので、「自己破産経験者でも確実に審査に通る」とまでは言い切れませんが、審査してもらうだけなら無料です。

大手の消費者金融で審査に通らなかった方は、そこで諦めずに街金を選択して再度申込みをしてみるのもありではないでしょうか。

プロミスやアコムやレイクの金利と街金の金利はどちらがお得?

今回ご紹介しているのが「街金」と呼ばれる中小規模の消費者金融業者です。

それではテレビCMなどでお馴染みの大手の消費者金融業者だと、金利の部分で街金との差は出てくるのでしょうか。

以下で確認してみましょう。

※全てカードローンの場合です。

【大手の消費者金融業者のフリーローン実質年率】

カードローン名 金利
アコム 3.0%~18.0%(実質年率)
プロミス 4.5%~17.8%(実質年率)
レイクALSA 4.5%〜18.0%(実質年率)

実質年率の下限の部分でみると街金よりも大手の消費者金融のほうがメリットがあります。

ただし下限が低くても初めての借入だと、大手の消費者金融でも18.0%くらいは付くことが多いです。(※状況によってはそうならないこともあります)

実質年率の部分だけで街金と大手の消費者金融を比較してどちらがよりお得かを判断しようとすると・・・街金より大手の消費者金融のほうが全体的に実質年率が下がる可能性はあります。

ただし、これは「絶対」ではなく、同じくらい~少し街金の実質年率が高いくらい・・・ということになる可能性もあるので一概には言えません。個別の状況によっても左右されます。

街金のメリット「少額だけ借りてすぐ返せるならおすすめ!」

アコムやプロミスやレイクALSAのような大手の消費者金融業者のほうが、全国各地に提携ATMがあったり店舗があったりするので気軽に申込しやすさがあるのは否めません。
しかし、それでも街金を優勢で検討したい方というのは常にたくさんいます。その理由は街金の持つメリットから見えてきます。

まず、街金は申込後に職場への在籍確認をしないところがそこそこあるようです。(心配な方は事前に確認しましょう)
仮に在籍確認するとしても借入を希望していることはバレないように対応してくれますが、それでも「できれば職場には電話しないで欲しい」という方もいるのではないでしょうか。

職場への在籍確認をしないで欲しい派からすれば街金のほうが大手の消費者金融業者より魅力的に感じる可能性があります。

また、こちらは街金の大きな魅力といわれていることですが、審査が大手の消費者金融業者よりも緩くなる可能性があります。
独自基準は各社とも公開していないのでもちろん「絶対」ではありません。審査に落ちる方というのもいます。しかし、大手の消費者金融より緩くなり自己破産経験者でも審査に通る例があるというのは、街金のメリットだといえます。

審査してもらうだけならお金はかからないので、「自分自己破産したから無理かも・・・」と諦めている方も、街金に相談してみるのはいかがでしょうか。

そして、街金は少額融資をしてもらいすぐ返すというやり方をしたいときには金利も抑えやすく便利です。

街金のデメリット「長期でみると金利が高いので注意!」

街金のデメリットは長期で借りると金利が高く付くことがあることでしょうか。
事前に返済計画を持って借りるのがおすすめです。

その他は大手の消費者金融よりも審査に時間がかかることも珍しくないようなので、街金で即日融資を希望する場合は対応しているところを探すようにしましょう。

おすすめ4社をピックアップ!街金の特徴

ここまで街金のことを色々と解説してきました。

続いては、「街金」と呼ばれるサービスの中でも特に注目の4社をピックアップしてご紹介します。
「アロー」「しんわ」「セントラル」「フクホー」です!

テキパキとした融資までの対応が魅力!「アロー」

アローは融資額上限200万円まで、使途は基本的に自由、担保・保証人も不要です。
使途自由のフリープランはなんと最短45分で審査が完了するという、スピーディーな対応力が魅力の街金がアローです。

街金の中にはなかなか即日のスピード融資が難しいところが珍しくありませんが、その点アローの最短スピードは驚異的といえるのではないでしょうか。
すぐに融資を受けたい理由がある方にはとても便利です。

申込はネット・FAX・郵送で行うことができます。

企業情報とカードローンの情報はこちらです。

社名 株式会社 アロー
本社住所 名古屋市中川区高畑二丁目144番地
電話番号 052-353-9900
融資上限 200万円まで
実質年率 15.00%~19.94%
担保・保証人 原則不要
使途 自由
返済方式 残高スライドリボルビング
元利均等返済(2~180回 最長15年以内)

 

知名度は高め!初心者でも安心「しんわ」

街金と呼ばれる消費者金融サービスの中でも、「しんわ」は比較的知名度が高いところに該当します。
ちなみに、しんわは創業約50年という老舗です!
そのため老舗独自の安心感や信頼感があり、街金が初めてでも申込しやすい印象です。

即日融資可能。(※審査の状況や申込時間によっては即日融資できない場合もあります)

提携のコンビニや金融機関のATMなら返済手数料や融資手数料は0円なのも強みです。

企業情報とカードローンの情報はこちら。

社名 株式会社しんわ
本社住所 福岡市中央区天神一丁目14番16号 福岡三栄ビル4階
電話番号 0120-00-8000
融資上限 300万円まで
実質年率 7.0%~18.0%
担保・保証人 原則不要
使途 自由
返済方式 元利均等返済、元金均等返済、自由返済

 

利息を抑えやすい「セントラル」

セントラルの特徴は街金の中でも利息を抑えやすいことです。
実質年率は4.8%~18.0%で、下限でみると他の街金と呼ばれるサービスよりも飛びぬけています。

そしてセントラルは即日融資対応。何より便利なのがセブン銀行ATMからの返済に対応していることです!
返済日に「夜遅くなっちゃった!」という場合でも、セブン銀行ATMは発見しやすいので助かりますよね。

申込方法はパソコン&スマホ、自動契約機、店頭、コンビニ(FAX:マルチコピー機で申込)に対応しているので気軽に申込めます。

企業情報とカードローンの情報はこちら。

社名 株式会社セントラル
本社住所 愛媛県松山市河原町9-2 クロカワビル2F
電話番号 0570-038-038
融資上限 300万円まで
実質年率 4.8%~18.0%
担保・保証人 原則不要
使途 自由
返済方式 借入残高スライドリボルビング方式

 

コンビニで申込の必要書類を受け取れる「フクホー」

「フクホー」は創業約50年の老舗です。

即日融資可能。
申込方法は来店・電話・ネット申込、
そしてコンビニ(電話もしくはネット申し込み後にセブンイレブンにあるマルチコピー機からネットプリントで契約書類一式を出力)と、選択できます。

老舗特有の安心感と信頼感で街金初めてでも申し込みしやすさがあるのではないでしょうか!

企業情報とカードローンの情報はこちら。

社名 フクホー株式会社
本社住所 大阪市浪速区難波中三丁目9番5号 福宝ビル
電話番号 0570-666-294
融資上限 200万円まで
実質年率 7.30%~20.00%(実質年率)
担保・保証人 原則不要
使途 自由
返済方式 元金自由返済方式または元利均等返済方式

 

これからお金を借りるなら街金とサラ金どちらが優勢?

これからお金を借りるなら、街金とサラ金(それ以外の消費者金融業者)どちらが優勢かというと・・・

少額融資を希望している方や、大手の消費者金融業者の審査に落ちてしまった場合は街金に申し込んでみるのがおすすめです。

ある程度まとまった金額を借入して長期間かけて少しずつ返済していくスタイルを希望するなら大手の消費者金融業者のほうが利息を抑えやすいので、大手の消費者金融業者を優先して検討するのがいいのではないでしょうか。

基本的に街金は審査が通りやすいという部分で注目度が高い傾向にあります。
審査がある以上、絶対はありませんが審査が不安な方にはけっこう心強い存在になってくれるのではないでしょうか。

街金でもそれ以外でも。自分にとってベストだと感じる選択肢で、計画性を持って借入しましょう!

どの方法を選択するとしても、必ず正式なサービス、きちんとしたサービスかどうかを確認するのも大切です!

まとめ:お金を借りたいなら相談してみるのもあり

今回の記事では中小規模の消費者金融業者こと「街金」に視点を当てて、特徴や金利などをご紹介しました。
「街金」という呼び方の印象から、どこか「本当に大丈夫なサービス?」と不安視してしまう方もいるようですが、許可を取得して営業しているところは安心です。

街金には大手の消費者金融業者にはないメリットもあると考えられていて、注目されるケースもあります。
街金で借入を検討する方は、即日融資希望か即日融資ではなくてもいいかによっても状況は変わるかもしれませんが、最適なところを見つけましょう!

そして計画性を持ってきちんと返済するようにしましょう!
カードローンは何かと便利です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です