無職やニートでもカードローンを使用する方法

無職でもニートでも、状況によってはお金を借りたい事情が出てくることがあります。

とはいえ企業と契約を交わしてお金を借りる「カードローン」は無職やニートだと利用できない…のかと思いきや、実は時と場合によっては利用できる(審査に通る)可能性があります。

無職やニートは必ず利用できないというわけではないので、カードローンを利用したい方はどのような状況なら利用できるのか確認しましょう!

お金を借りるカードローンランキングについてはこちら

無職やニートでもカードローンを使用する方法

無職やニートでもカードローンを使用する方法

最近ではアフィリエイトや副業サイト、インターネット上でできる投資などが登場し、既に知名度も高いですよね。

肩書は「無職」や「ニート」だけど、年間の収入は0円ではないという方も、昔より増えている印象です。

アフィリエイトや副業サイト、それから賃貸物件を所持していて継続した収入があったり、投資により収入があったりする無職やニートの方もいます。

会社員やフリーターのように継続した雇用をされていなくても、なんらかの方法で収入があるならら肩書が無職でもニートでも消費者金融のカードローンに申し込めば審査に通り利用できるようになる可能性があります。

収入があっても絶対に審査に通るというわけではなく総合的に判断して決まりますが、「無職やニートだから絶対に諦めないといけない」というわけではありません。

ただし注意点もあるので、これから借入を希望する方は、以下の注意点①②を事前にご確認ください。

【注意点①】

※審査の厳しさでいえば銀行>消費者金融のカードローンだと考えられています。無職やニートの方でも状況によっては借入できる可能性はありますが、銀行は会社員のほうが審査に通りやすいので、消費者金融のカードローンへの申し込みを優先して検討しましょう。

【注意点②】

※無職やニートの方は基本的に、消費者金融の公式サイトを確認すると「借入できない条件」として記載されています。それでもこの記事では借入をテーマにしていますが、ここで挙げる無職やニートは前提として何かしらの収入があるか、専業主婦や専業主夫の方です。貯金を切り崩して生活していて1円も収入がなかったり失業保険では審査落ちするのが一般的です。

 

無職やニートでもカードローンに通る場合がある!条件はこちら

無職やニートでもカードローンに通る場合がある!条件はこちら

無職やニートという立場で消費者金融のカードローンの審査に通る可能性があるのは、以下のいずれか1つでも該当する方です。

  • 専業主婦、専業主夫(=世帯主に安定収入がある)
  • 賃貸物件を所持していて家賃による安定収入がある
  • アフィリエイト収入がある
  • 副業サイトなどで数ヶ月以上収入を得ていた(少額でも)
  • 投資をしていて収入がある
  • 会社員として内定している(まだ就業していなくてもOk)

このようなポイントから、視点を変えて考えると家賃収入などは一切なく、パートナーや親の扶養などにも入っておらず自分の貯金を切り崩して暮らしている無職やニートの場合は、消費者金融のカードローンの審査に通るのは難しいと考えられます。

お金を借りるというのは企業との契約なので、「収入」か「返済できる保証」のようなものは求められます。

その「収入」は、会社員の方が毎月もらっている「生活をするのに充分な安定した収入」をイメージしてしまいやすいですが必ずしも同じような内容ではなくてもいいということがわかります。

「消費者金融のカードローンでお金を借りるって大変そう」と考えていた方もイメージが変わったのではないでしょうか。

以下では、無職やニートでも消費者金融のカードローンを利用したいときに満たしておきたい条件について、もう少し詳細にご紹介していきます。
1つでも該当するものがあれば申し込んでみるのはいかがでしょうか。

世帯主がいて安定収入がある(専業主婦や専業主夫)

世帯主がいて安定収入がある(専業主婦や専業主夫)

無職でも結婚していて世帯主の扶養に入っていて、その世帯主に安定収入があるなら審査に通る可能性が出てきます。

もちろん審査の結果次第で「利用できない」と判断される可能性はありますが、申し込んで審査してもらうだけなら無料。インターネット経由でほとんど手間なくできるので試してみるのはいかがでしょうか。

世帯主がいて、その世帯主に安定した収入があるなら。
無職やニート(専業主婦、専業主夫)でも、借入できる可能性はあります。

ブログやアフィリエイトで収入がある

ブログやアフィリエイトで収入がある

最近ではブログやアフィリエイトで収入を得る方が珍しくなくなり、社会的にも知られるようになってきましたよね。
そのような背景もありカードローンの審査時にもきちんと審査してもらいやすくなっています。

ブログやアフィリエイトで収入を得ている方はカードローンを利用できる可能性があります。

ランサーズなどの副業系のサイトで少なくても収入を得ていた

ランサーズなどの副業系のサイトで少なくても収入を得ていた

ランサーズなどの副業系(本業で利用している方もいますが)サイトで仕事を受注して収入を受けた期間が数ヶ月はあるなら、カードローンを利用できる可能性があります。

その収入は会社員レベルではなくて10万円未満だったとしても継続して収入があったなら審査に通る可能性が出てきます。

内定している(まだ働き始めていない)

内定している(まだ働き始めていない)

会社員として企業に内定している場合は、まだ働き始めていなくてもカードローンの審査に通る可能性があります。

その場合は消費者金融のオペレーターに状況などを詳しく聞かれる可能性はありますが「まだ給料をもらっていないから無収入と判断されて審査に落ちる」というわけではないので、社会人になる前の引越しやスーツやカバンをそろえるなど、物入りな理由があって困っているときには申し込みを検討するのもいいのではないでしょうか。

無職やニートの審査は厳しくなるもの?

無職やニートの審査は厳しくなるもの?

審査が厳しくなるのかは…状況によりけりですが、無職やニートの方は会社勤めをして働いている方よりは審査面で不利になる可能性が高いです。

消費者金融は融資商品を提供してきちんと返済してもらうことで利益を出しています。
つまり融資した相手が返済できなくなってしまうと、消費者金融は利益を出せないということになります。それを避けるために「返済能力があるか」しっかりと審査が行われます。

無職やニートという立場でも世帯主がいたり、会社勤めではないものの収入があったりすると返済可能と判断される可能性はありますが、働いている世帯主がいなくて1円も収入が無い場合は審査に通らない可能性が出てきます。

消費者金融のカードローンは、やり方次第状況次第という部分もありますが、銀行のカードローンだと会社勤めの方でも審査に通らないケースは珍しくないので、さらに難易度は上がると考えられます。

ただし、不動産などの担保がある場合はこの限りではないことも…。担保にできる何かを所持している方は無職かニートかに関わらず銀行、消費者金融どちらでも、相談してみるのもありです。

職業欄の入力は自営業と同じように

職業欄の入力は自営業と同じように

カードローンへの申し込み方法はいくつかありますが、今はインターネット経由の申し込みが便利で人気です。

インターネット経由なら、消費者金融のカードローンの公式サイトから専用フォーマットを利用して必要情報を入力して送信するだけ。
すると、消費者金融のオペレーターから電話がかかってきて内容などを確認されて審査がスタートします。

インターネット経由で申し込みするとき、無職やニートの方が迷うのが「職業欄」です。
職業欄は無職でもニートでもとりあえず「自営業」と選択しましょう。
立場はどうであれ、一番近いのは自営業という形態になります。いずれにせよ申し込み後に消費者金融のオペレーターと会話して説明するわけなので、そのように対応しましょう。

また、「年収」の入力も無職やニートの方を悩ませるところですが、だいたいの年間収入を想定して入力しましょう。

無職やニートだと入力で迷うこともあるかもしれませんが、消費者金融のカードローンは申し込み後にオペレーターから電話がかかってくるので、基本的にそこで詳しく説明することができます。

インターネット経由ではなく、最初から電話申し込みして、説明するというのももちろんOKです。

無職やニートは収入証明が必須!?何を準備すればいいの?

無職やニートは収入証明が必須!?何を準備すればいいの?

無職やニートだと、審査にもよりますが収入証明の書類提出を求められる可能性が高いです。

無職やニートの方が収入証明として利用できる書類はこちらです。

【無職やニートの収入証明】

  • 確定申告書←手元に残っていれば提出が楽!
  • 納税証明書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細(最低でも3ヵ月は必要)

個人事業主や会社勤めをせずに収入を得ている方は確定申告書の提出が一番楽ではないでしょうか。

ちなみに、まだ確定申告をしていなかったり、他に出せそうな書類がなく収入を証明するのが難しかったりという場合は、通帳の入出金履歴で代用できる可能性があります。(消費者金融のオペレーターに相談しましょう)

通常、消費者金融は50万円以上の借入を行う方に対して収入証明の提出を求めます。しかし無職やニートだと就業先の企業がある方のように、居場所が確定しているわけではないので「きちんと返済できるか」を審査するにあたり、それを調べるためにも50万円未満の借り入れでも収入証明を求める可能性が高いです。

これから申し込みをする無職やニートの方は事前に、収入証明の書類で自分は何を提出できるかを確認しておくとスムーズです。

簡易診断で無職を選択するリスク

簡易診断で無職を選択するリスク

消費者金融のカードローンの公式サイトには、現在の状況で借入できるかどうか、申し込み前にだいたいを把握するために「簡易診断」が設置されています。

この簡易診断では無職の選択肢がある消費者金融と無い消費者金融がありますが、仮にあった場合でも無職を選択した時点で借入不可という簡易診断結果が出てくることを認識しておかなければいけません。

今回の記事で触れている通り、無職やニートだと絶対に借りられないというわけではありませんが(収入が1つもなければ確実に借りられませんが、現代の無職・ニート事情は様々。何かしら収入があるケースもあり、今回はまとめて無職とニートと記載しています)

簡易診断を利用した結果、「絶対に借りられない」と出てきたために借りられる可能性があるのに諦めてしまうことに繋がるかもしれません。

無職やニートで借入をしたい方は、簡易診断を利用するより先に申し込むか、消費者金融のオペレーターに電話で相談しましょう。

無職やニートがお金を借りる方法

無職やニートがお金を借りる方法

今回は消費者金融のカードローンをメインテーマとしてご紹介していますが、無職やニートでお金を借りている方はどのような方法を利用しているのでしょうか。

正統派な方法をいくつかご紹介します。

1点注意しておきたいのは、切羽詰まっても闇金などは利用しないで正統派の方法を優先して考えましょう。
借りるのは今の自分ですが返済をしていくのは未来の自分なわけなので、できるだけ返済計画を安定して立てやすい方法で借入しましょう。

1、 何とかしてカードローン

まず、今回の記事のメインテーマである消費者金融のカードローンは、無職やニートがお金を借りたいときに検討したい方法です。

ただし、完全に1円も収入がなかったり貯金を切り崩して生活している無職やニートだと、借入できる条件を満たしていないことは前提です。

2、 クレジットカードのキャッシング枠

無職やニートのがお金を借りる方法として、もし手元にクレジットカードがあるならクレジットカードのキャッシング枠を利用するという方法も便利です。
既にクレジットカードを持っていれば、申し込む必要がないので一番スムーズな方法といえそうです。

ただしクレジットカードのキャッシング枠は5万円だったり10万円だったり上限が低めの設定になっているケースが多いので、希望金額によっては足りない可能性が出てきます。
だけど、借りられないよりマシですよね。
会社勤め時代に作ったクレジットカードや家族カードが活きる可能性もあります。

1点注意したいのは家族カードで借りると家族には履歴がバレます。バレたくない方は要注意です。

3、家族から借りる(事情による)

家族から借りる(事情による)

ある意味、無職やニート期間中の正統派の借金方法ではないでしょうか。
家族(身内・親族)から借りるというものです。
企業から借り入れすれば利子が付きますが、家族からの借り入れは「家族だからこそ」利子をつけなかったり返済を猶予してくれたりするケースがあります。

また、家族だからこそポンと大金を貸してくれることもあるかもしれません。

金額にもよりますが、家族から借りるときは理由は正直に。
家族とはいえ返済計画はしっかり伝えるようにしましょう。借用書をきちんと書くと信頼に繋がる可能性が高まります。

自営業を行う

自営業を行う

無職やニートで、現時点で収入がないもののカードローンに申し込みたいという場合には、自営業を始めるというのもありです。

「本気で起業しよう」というわけではなく、何かしらの方法で収入を作り審査に通りやすくすることを目的としています。

例えば副業サイトで在宅ワークをしたり、ネットオークションで利益を出したり。がっつり稼がなくても、カードローンの審査の通過を目的としているならマイペースに行うことができます。

最近では在宅のアルバイトも数が増えたので、そのような方法で収入を得て、審査に通りやすくするというのも1つの方法です。

公的な融資制度に注目してみる

意外と知られていませんが、公的な機関が提供する融資制度が存在しています。
どうしてもお金がないとき、相談に乗ってもらうことができます。
年齢に関係なく困ったときに相談できる、生活を立て直すための融資制度もあります。無職やニートになってしまったけど頼れる相手がいないときには、そのような選択肢・相談先も視野に入れるのはいかがでしょうか。

市役所でお金を借りる最短の方法。緊急小口資金貸付制度

アルバイトを始める

お金を借りるためにアルバイトとして働き始めるというのも、人によっては違和感を覚える内容かもしれませんが、働けるのであれば短時間のアルバイトだとしても働いて収入を得たほうがカードローンの審査に通りやすくなります。

まとめ:無職やニートでもカードローンを利用できるケースはある!

今回の記事では、無職やニートでのカードローンの利用に視点を当てて詳しくご紹介しました。

消費者金融の借入条件は収入があることが前提となっていますが、最近では無職やニートで収入を得ている方も珍しくなくなってきたので状況によっては審査に通過する可能性があります。
無職やニートだから借入できないと諦める前に、利用できる条件に該当していそうなら申し込みをしてみるのもありではないでしょうか。

カードローン以外にクレジットカードを所持しているならキャッシング枠なども利用できる候補になります。
また、公的な融資制度も状況によってはとても便利なので、無職やニートの方はこちらも含めてチェックしましょう。

お金を借りるならプロミス

初めてお金を借りるなら30日間無利息
webなら即日融資も可能
webで完結出来るキャッシングならプロミス
最短1時間融資も可能。プロミス公式サイトはこちら

プロミスの口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です