プロミスの解約方法。カードなしでも解約可能か

プロミスの解約方法。電話と窓口どちらで解約すべきか

プロミスのカードローンで完済したら(もしくは完済の見込みが出てきたら)「解約」を検討する方もいるのではないでしょうか。

上限金額内で何度でも自由に借入できるカードローンはとても便利です。貯金が少ない時期などは特に、カードローンのカードを持っているといざというとき助かり安心感も得られますが、持っていることで不用意に借入を行ってしまう使いすぎのリスクもあります。

今回はプロミスの完済後、カードは解約するべきか、そのメリットデメリットは何か。
そして解約方法まで。詳しく解説していきます!

プロミス
プロミス公式サイトはこちら

プロミスの解約方法。電話と窓口どちらで解約すべきか

プロミスの解約方法。電話と窓口どちらで解約すべきか

プロミスの解約をする方法は2つあります。

  • 窓口(※有人店舗のみで対応!!)
  • 電話(0120-24-0365)

近くにプロミスの窓口があるなら窓口に行くのが手っ取り早いです。プロミスの店舗に入るところを近所の人や知人に見られたくないということであれば見られるリスクをゼロにできる電話が圧倒的に便利です。

それぞれの解約方法の具体的な手順は以下の通りです。

【プロミスの解約方法】

方法 やり方
窓口⇒ ①プロミスの店舗窓口に行き解約意志を伝える
②解約申込書に記入&その場で提出
③カードを返却
④契約書類を受け取り解約完了
電話⇒ ①プロミスコールへ電話して解約意志を伝える(電話番号⇒0120-24-0365)
②登録している住所宛てに郵送で解約申込書が届く
③解約申込書に記入してプロミスへ返送
④ハサミでカードをカットして廃棄
⑤郵送される契約書類を受け取り解約完了

窓口が向いているのは…

①すぐに解約したい方
②家族にプロミスとの契約をバレたくない方(※電話で解約すると自宅に書類が届くため)

窓口で解約したい場合、有人店舗のみの対応になるので注意しましょう。

電話が向いているのは…

①プロミスの店舗に入るのを知人に見られたくない方
②プロミスの有人店舗が近場にない方
③店舗まで行くのが面倒な方

プロミスの評判と口コミは悪いのか。体験談を元に実際の評価を追及

プロミスの解約に必要なもの

プロミスの解約にあたり必要なのは「解約申込書」と「プロミスのカード」です。

解約申込書は窓口で解約するならその場でもらえます。
電話で解約するなら登録住所まで送ってくれます。(※契約期間中に引っ越した方は登録住所が新住所になっているか要確認です)

解約後はハサミでカードをカットしよう

窓口で解約するならそのまま返却することができますが、電話で解約するならカードを自分でカットしなければいけません。

キャッシュカードやその他の金融系のカードも解約時にはカットするように案内されるのが一般的です。
カットしてしまえば確実に使用できなくなります。

プロミス即日融資の借り入れ方法と条件

カードなしでも解約可能か

プロミスのカードを紛失してしまったとしても解約は可能です。

窓口で解約するなら「カードを紛失してしまった」と伝えましょう。
※ただし、確実に自宅のどこかにある場合を除き、外で落とした可能性がゼロではないなら窓口に行くより先にプロミスコールに即電話してカードを停止状態にしてもらうようにしましょう。

プロミスのカードを拾った相手が交番に届けてくれる方ならいいですが、不正利用されるリスクがゼロではありません。

電話で解約する場合はカードを自分でカットするので、カードがなくても特に困ることはありません。
この場合も外で落とした可能性がある場合は先にカード停止をしてもらうか、紛失したと気付いた瞬間に事情を説明して即解約するかしましょう。

プロミスの解約の手順の流れのまとめ

プロミスの解約の手順の流れのまとめ

ここで改めてプロミスの解約の手順についてまとめていきます。

文字にすると手間がかかりそうなイメージが多少あるかもしれませんが、実際に対応する時間は10分くらい。手順は簡単であっという間に終わるので、実際に行うとそれほど面倒とか手間だとかは感じづらいのではないでしょうか。

電話の流れ

電話解約をするなら、まずプロミスのコールセンターことプロミスコールに電話しましょう。
電話番号は、0120-24-0365です。

電話してオペレーターさんに「解約したいです」と伝えましょう。
本人確認の後、解約関連の説明をしてくれて郵送で解約申込書を送ってくれます。

登録住所に解約申込書が届いたら記入して早めに返送しましょう。

プロミスのカードをカットするタイミングは自己判断になりますが「もうプロミスのカードは使用しない」と確定した段階です。
解約申込書が届く前でも、もう使用する予定がないならカットしてもいいですし、解約申込書が届いたから併せてカットしてもいいです。

解約申込書をプロミスへ返送したら、後はプロミスに届いて受理されて手続き完了するのを待ちます。

プロミスが解約手続きを完了すると、登録住所には契約関連の書類が郵送で返却されます。

【Q、本当に解約できたか知りたいときは?】

⇒電話経由の解約申込をした後、本当に解約できたか確認したいなら、手続き完了後に「解約証明書」を送ってもらうようにしましょう。
その証明書で「確実に解約できている」と確認することができます。

その他、プロミスのアプリを利用していたならそちらにログインを試みても確認することはできます。解約ができていたらログインできなくなっているはずです。

【Q、契約関連の書類って絶対郵送で返却なの?】

⇒電話経由で解約するとプロミスでの手続き完了後に郵送で契約関連の書類が返却されます。

家族にバレないように借入や返済をしてきた方からすると郵送での返却は「とても困る」ものではないでしょうか。

契約関連の書類を郵送で返却して欲しくないときにはプロミスに相談しましょう。
郵送なしでの書類破棄にも対応してくれます。

書類は欲しいけど「郵送は困る」ということであれば、窓口で解約して窓口で書類を受け取りましょう。

窓口の流れ。お客様サービスプラザでの解約

窓口の流れ。お客様サービスプラザでの解約

窓口で解約するなら、有人店舗に行きましょう。無人のところでは解約できないので注意してください。

窓口で解約申込書を受け取り、その場で記入。そして提出。カードを返却して、契約関連の書類を受け取り終了です。
解約証明書が欲しい場合はそう伝えましょう。

解約証明書は必ず持っておこう

解約証明書は必ず持っておこう

解約証明書は、解約ができたことを証明して欲しい方からすれば目視で確認できる安心の証明書です。

そのあたりは気にせず、「プロミスを信頼しているから、解約証明書はいらないよ」という方は必ず受け取らなければいけないというわけではありませんが、念のためもらっておいて、しばらく持っておくのがおすすめです。

一度解約すると再契約はできないの?

一度解約すると再契約はできないの?

プロミスに解約してもまた使用したくなるかもしれない、そのときに再契約できるか心配という方もいるのではないでしょうか。
プロミスでは再契約が可能です!

仮に「再契約できない」という噂を聞いたとしても誤りです。

ただし!!注意点もあります。

プロミスに一度解約すると、再契約を希望したときまた最初から申し込みと契約手続きを行います。
もちろん審査も再度行うので現在の状況で審査を受けることになります。

「以前契約していたときより年収が減った」「以前契約していたときとは違う仕事に転職した」などの審査項目を総合判断した結果、「今回は契約できない」と、いう結果になる可能性があります。

解約せずに持っておけばこのようなことにはならなかったのに、解約してしまったからこうなる…ということはあります。

再契約は手間もあるので、とりあえず今後また使用する可能性がある方は、解約はしないほうがいいのではないでしょうか。
「使ってしまうことが心配」という方は押し入れの奥にでもカードを封印しましょう。
それでも我慢できそうにないときは解約もやむなしかも…。

プロミスを解約するメリット

プロミスを解約するメリット

プロミスを解約するメリットをまとめてみました。

【プロミスを解約するメリット】

  • 完済後の再借入を防止できる
  • カードを紛失するリスクがなくなる

プロミスのカードを所持していても借入をしなければ返済が発生することはありません。年会費などもないので、はっきりいって使わないで持っていても損はしません。

ただ、人によっては「持っていると借りたくなってしまう」ということもありますよね。
解約をすればそれはできなくなるので、そのような方にはメリットがあります。

また、持っているまま存在を忘れてしまうと、カード紛失して誰かに不正利用されるリスクも考えられるのでもう使わない予定の方からすると解約したほうがいいかなという感じではないでしょうか。

プロミスを解約するデメリット

プロミスを解約するデメリット

プロミスを解約するデメリットをまとめてみました。

【プロミスを解約するデメリット】

  • 再契約をする場合に最初から手続きになり手間がかかる
  • 審査結果次第で再契約できない可能性がある

プロミスは解約しても再契約が可能なので、「また借入が必要になることがあれば借入すればいいや」という考え方はできますが、再審査を受けないといけないことがネックです。

審査時の状況次第で審査落ちする可能性はゼロではありません。
リスクを下げるためにも解約しないで持っておきたい方というのはゼロではありません。

プロミスの解約でメリットを感じられるか、デメリットのほうが大きく感じるかは個人によって変わってきます。
自分の状況に合わせて判断しましょう。

プロミス
プロミス公式サイトはこちら

まとめ:プロミスの解約はよく考えてからにしよう

今回の記事ではプロミスの解約に視点を当てて方法やメリットデメリットをご紹介しました。
プロミスの解約手順はシンプルで簡単です。

いざというとき契約していると安心のカードローンではありますが、借入を繰り返してしまいそうな方は完済したらすぐに返済するほうがリスクは下げられますが、再契約時に再審査を受けなければいけないということは認識しておきましょう。

プロミスを使用せずに契約だけ残しておいても年会費などは発生しないので、どちらがいいかは自分の状況に合わせて決めましょう。

お金を借りるならプロミス

初めてお金を借りるなら30日間無利息
webなら即日融資も可能
webで完結出来るキャッシングならプロミス
最短1時間融資も可能。プロミス公式サイトはこちら

プロミスの口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です