プロミス即日融資の借り入れ方法と条件

プロミス即日融資の借り入れ方法と条件

テレビCMでもお馴染みの消費者金融「プロミス」でお金を借りたいなら、まずは申し込みをしましょう。

プロミスの申し込み後の対応は早いですが、注意しなければいけないのは即日融資を希望する場合です。
即日融資をしてもらうには申し込み時間を意識したり、必要書類は先に揃えておいたりという対応が必要になってきます。

今回の記事では「プロミス」×「即日融資」に視点を当てて。
条件や申し込み方法や注意点など。詳しく解説していきます。

プロミス即日融資の借り入れ方法と条件

プロミス即日融資の借り入れ方法と条件

プロミスの即日融資を希望するなら前提として「早く申し込む」のが大切です。
申し込みする時間は早ければ早いほど「即日」が確実になります。(お金を借りられる時間も早くなります)

15時に申し込むよりは13時に。13時に申し込むよりは午前10時に申し込むほうが確実です。
プロミスでは、申し込み~審査完了までは最短30分です。しかし、例えばたまたま申し込みが多く混雑しているなどの理由から通常より審査に時間がかかる可能性はゼロではありません。

即日融資を希望していないなら何時に申し込もうと関係ありませんが、即日融資を希望するなら早め早めの申し込みがおすすめです。

プロミスの評判と口コミは悪いのか。体験談を元に実際の評価を追及

プロミス即日融資を希望するなら守りたい項目はこちら

プロミス即日融資を希望するなら守りたい項目はこちら

実際にプロミスの即日融資を希望するなら守りたい(意識したい)項目について、1つずつ確認していきましょう。

即日融資を希望するならこちらの内容も加味したうえで申し込みを行いましょう。

プロミスの解約方法。カードなしでも解約可能か

1、遅くても20時までに。できれば昼中には申し込みたい

1、遅くても20時までに。できれば昼中には申し込みたい

即日融資を希望するなら、遅くても20時までにはプロミスに申し込みをしましょう。
20時ギリギリで申し込めたとしても、当日たまたま混雑しているなどの理由で審査が翌日になる可能性もあります。

できれば昼間のうちには申し込みをしておきたいものです。

2、インターネット申し込みor電話申し込みで素早く対応

2、インターネット申し込みor電話申し込みで素早く対応

即日融資を希望する方の申し込み方法はこちらです。

  • 【おすすめ】WEB申し込み(プロミス公式サイトから申し込み)
  • 電話申し込み
  • 店頭窓口申し込み
  • 自動契約機申し込み

おすすめはWEB申し込みです。申し込み~借入までの流れをスピーディーにしやすいからです。

WEB申し込みをすると内容を確認後にプロミスのコールセンターから電話がかかってきます。
即日融資を希望する方におすすめしたいのは、WEB申し込みを行いそのまますぐにプロミスのコールセンターへ電話をかけるやり方です。

つまり、WEB申し込み+電話申し込みの合わせ技です。

こうするとどのようなメリットが期待できるのかというと、以下の通りです。

【WEB申し込み+電話申し込みの合わせ技のメリット】

①プロミス側がWEB申し込み情報を確認する前に、電話することですぐに対応してくれる
②WEB申し込みの段階で最低限の情報は伝えているので電話越しにスムーズにその後の展開が進む

プロミスは対応が早く、基本的にはWEB申し込み後にすぐに連絡が来るようです。もちろんプロミスから電話が来るのを待っているのもありです。即日融資を希望する方は、このWEB申し込み+電話申し込みの合わせ技を使うと急ぎであると伝えられるメリットがありますが、状況次第で判断しましょう。

また、もちろん最初から電話で連絡して電話で申し込みするのもありです。

即日融資を希望する方で本当に急いでいる場合はWEB申し込み+電話申し込みの合わせ技がいいものの、WEB申し込みでも電話申し込みでも通常はスピーディーに対応してくれます。

【プロミスの営業時間】

受付時間⇒9:00~22:00(土・日・祝日の申込可能)

つまり、この時間内にプロミスに申し込まないと即日融資はできないわけですが、審査の時間を考慮すると一番遅くて20時までには申し込みたいです。

しかし20時でも、時と場合によっては審査が間に合わない可能性があるのでできれば夕方までには。
即日融資を希望する方は申し込みを済ませたいです。

プロミスの即日融資で注意したいのは審査の「在籍確認」

プロミスの即日融資で注意したいのは審査の「在籍確認」

プロミスに申し込んだら、申し込み情報をもとに融資の審査がスタートします。
融資の審査では、早い話「融資した後きちんと返済してくれるか」という返済能力を審査します。

【審査項目として一般的に挙げられている項目】

  • 年齢
  • 年収
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 他社からの借入
  • 家賃などの毎月の出費
  • 信用情報(過去に返済遅延をしていなか、自己破産したことはないか)

審査で見られる項目は基本的に上記ですが、どこの消費者金融も審査基準の詳細は公表していないので他にも項目はある可能性があります。

審査の過程の中でも注意したいのが「在籍確認」です。

申し込み時に職場として記入した勤務先で本当に働いているか、プロミスのオペレーターが電話して確認します。

その際、プロミスのオペレーターは「プロミス」とは名乗らず「個人名」でかけてきてくれるので、申し込みが同僚にバレる心配はあまりしなくていいですが、問題は即日融資の場合です。時々在籍確認が難しいこともあります。

例えば職場で人が出払っている日だった、土日で休日だから誰もいないなど。

そのような場合、即日融資してもらえなくなるのかというと、まずはプロミスと相談して決めましょう。
事情を説明すればプロミス側は在籍確認だけ後日で対応してくれることもあるようです。

プロミスは土日でも融資の審査を行っています。
土日でも即日融資のチャンスはあるということ。
在籍確認ができないからと即日融資を諦めるのではなく、とりあえずプロミスのコールセンターに電話して相談してみましょう。

【プロミスのコールセンターの電話番号】

コールセンター 0120-24-0365
女性用コールセンター
(女性オペレーターに対応して欲しい女性向け)
0120-86-2634

 

どうしてもその日在籍確認が難しい場合は電話で早めに相談を!

申し込み日当日に在籍確認が難しいときはプロミスに早めに電話して相談しましょう。

在籍確認以外にも審査項目はあるので、在籍確認以外の要素で審査が長引く可能性もあります。
まずは早め早めに対応し、疑問がある場合は迷わずプロミスのコールセンターに電話して直接聞いて対応しましょう。

プロミスは即日融資できることを売りにしているので、親身になってくれます。

プロミスには借り入れ方法がいくつかある!方法別の時間や対応のこと

プロミスには借り入れ方法がいくつかある!方法別の時間や対応のこと

プロミスに申し込み⇒審査⇒契約と進み、即日融資してもらえる(お金を借りられる)状況になったら、借入する方法には選択肢があります。

【プロミスの借入方法】

  • WEB経由で申し込み自分の口座に振り込んでもらう
  • 電話経由で申し込み自分の口座に振り込んでもらう
  • プロミス店舗
  • プロミスATM
  • 三井住友銀行ATM
  • 提携ATM(ゆうちょ銀行、E-net、ローソン銀行、セブン銀行)
  • その他金融機関(三菱UFJ銀行、イオン銀行などの金融機関)
  • クレジットカード(クレディセゾン)

(※ゆうちょ銀行で借入れ、返済する場合はWEB明細の登録が必要)

即日融資を希望して、例えばお昼の12時に借入できる状態になったとしたら、銀行の営業時間でありATMも営業していて当たり前の時間なので借入方法をどうするかと悩む必要はありません。

問題は即日融資は実現したけど借入できる状態になったのが夜だったという場合ではないでしょうか。

プロミスは24時間振込に対応しています。
ただし、24時間振込は対応している銀行が決まっています。

【24時間振込に対応している銀行】

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行

上記の銀行で振込を希望した場合、システムメンテナンスなどに被らない限りは受付からだいたい10秒で振込してくれます。

即日融資を希望している方も24時間振込可能な金融機関の口座があれば安心です。
上記は「振込」を前提にしています。
深夜に希望する場合、プロミスのコールセンターは営業していないのでインターネット経由が必須です。

ちなみに上記の銀行以外でも深夜に振込してくれるところはあります。
プロミスの公式サイトから検索できるので、自分が普段利用している銀行だとどうなのか気になる方は、プロミスの公式サイトからチェックしてみましょう。

プロミスATMなら夜でも利用できる

プロミスATMなら夜でも利用できる

プロミスから融資してもらうにあたり振込という手段は、夜遅くても対応してくれて自宅にいながら融資してもらうことができて便利です。

振込を利用しない場合では、他にATMという手段もあります。

プロミスATMは24:00まで利用可能です。

「プロミスATMの利用時間に間に合わなかった」
「プロミスATMが近所にない!」という場合は提携ATMを利用して融資してもらうのはいかがでしょうか。

コンビニの提携ATMでも深夜利用可能

コンビニの提携ATMでも深夜利用可能

コンビニに設置されている提携ATMは深夜利用も可能です。

プロミスATMの利用可能時間を過ぎ、振込キャッシングも利用できない状況にあるということであればコンビニの提携ATMも検討しましょう。

プロミスの即日融資をスムーズにするなら?

プロミスで即日融資を希望するなら、WEB経由で申し込みをするのが一番おすすめです。

WEB上で先に、申し込みにあたっての必要情報を入力して送信するので、スムーズに審査に移行しやすく時間の短縮に期待しやすい方法です。

「超」急ぎということであれば、WEB申し込みをしてすぐにプロミスのコールセンターに電話して「急いでいる。即日融資を希望している」と伝えると、対応を早くしてくれやすいです。

昼間の早い時間帯に申し込んでいるなら基本的にWEB申し込みを行って待っていればすぐにプロミスのコールセンターから電話がかかってきますが、待てない方は電話で聞いてみるのもありです。

この方法で申し込みをした後、(審査に通ることがまず前提)契約を完了しなければお金を融資してもらうことはできません。

プロミスからはWEB経由で申し込みして振込で融資してもらうことができ、返済も振込でできます。そのため、カードローンの必須アイテムとして認識されている「カード」を発行しないという選択もできます。

カードを発行しなくていい=振込を利用できる条件にあり、インターネット経由でプロミスを利用する形でいい。
という方はWEBのみで申し込み~契約まで完結することもできます。

WEBのみで完結する申し込みをしたい+即日融資を希望している+カードが欲しい場合には、後日郵送で送られてきます。

【即日融資を希望する方向け!!おすすめの申し込み方法】

①WEBで申し込み+WEBで完結(書類提出もWEBで)+カードは受け取らないor郵送
②WEBで申し込み+書類を持ってプロミスの店頭へ+カードを受け取る

どれがいいかは好みによってもわかれます。どちらもメリットがあります。

例えばWEBのみで完結する申し込み⇒誰にも見られるリスクがないので、バレたくない方向け(※家族にバレたくないときにはカードの郵送をしないという選択が必須)

例えばWEB申し込み+店頭で契約(カード受け取り)⇒即日カードが欲しい、カードは欲しいけど郵送されたくない理由がある方向け

という感じです。

1、 申し込み後店頭でカードを受け取りその場でお金を引き出して帰る

WEBでも電話でも。
とりあえずプロミスに申し込んだら、確実に審査されます。
審査は最短30分~
ですが、基本的に1時間は想定しておいたほうが安心です。

審査に通るとプロミスから連絡が来て、審査の結果借入可能金額がいくらになったのかもわかります。ここで初めて借入上限額がわかります!!
金額に納得してプロミスに契約するなら、契約にあたり必要書類を提出しなければいけません。

融資金額が50万円を超える場合や、他社の借入と合わせて100万円を超える場合、そして審査の状況次第では収入証明の提出を求められる可能性があります。
即日融資を希望する場合で、収入証明を即日準備するのが難しい場合は、希望金額を下げて申し込みするようにしましょう。

書類関連をどうやって提出するのかというと、ここで2つの選択肢が出てきます。

①アプリ経由で必要書類を提出可能(店舗にはいかない)
②プロミスの店舗まで足を運び必要書類を提出

どちらでも好みの方法を選択できます。

即日融資して欲しいけどカードも欲しいという方は、②がベストです。店舗に行き必要書類を提出。そしてその場でカードを受け取りそのままプロミスATMでお金を借りて帰れば一石二鳥です。

2、 申し込みと契約を行いカードがなくても振込で即日融資してもらう

2、 申し込みと契約を行いカードがなくても振込で即日融資してもらう

上記の①を選択した場合。
カード不要を選択したら、カードを所持しないままプロミスを利用することになります(後日連絡してカードを発行してもらうこともできます)

もしくはカードが必要という場合。郵送になるので申し込み日当日にカードを所持(使用)することはできません。(この場合でも振込は利用できます)

即日融資希望者が揃えておきたい書類は?

即日融資希望者が揃えておきたい書類は?

即日融資を希望するなら、契約にあたり必要な書類は先に準備しておきたいものです。これがないと審査に通っても契約することができない=融資してもらえる状況にならない。ということです。

契約に必要な書類はこちらです。

【契約に必要な書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

つまり、プロミスに契約するには身分証明書が必要だということです。

これ以外に、状況によっては収入証明が必要になる場合があります。
50万円を超える融資を希望する場合と、他社の借入とプロミスでの借入が合計100万円を超えてしまう場合、それから審査の状況的に収入証明を提出して欲しいといわれている場合です。

どのような書類が収入証明として使えるのか、念のためこちらもご紹介します。

【収入証明として使える書類】

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 税額通知書・所得(課税)証明書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)※賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書で代用

即日融資を希望する方で収入証明が必要な状況に該当してしまう方は収入証明を準備しましょう。
即日融資を希望しているけど収入証明が間に合わないという場合は、希望金額を下げて申し込むかプロミスのコールセンターに電話して相談してみましょう。

まとめ:即日融資希望者は早めに行動しよう!

今回の記事ではプロミスの即日融資に視点を当てて詳しくご紹介しました。

即日融資を希望するならWEB申し込みがおすすめです。
申し込み方法に迷ったときや、疑問に感じることがあるときには、とりあえずプロミスのコールセンターに電話してすぐに確認しましょう。
プロミスのコールセンターはフリーコールなので通話料がかかりません。

便利なプロミスの即日融資を希望するならできるだけ早い時間に申し込みましょう!

お金を借りるならプロミス

初めてお金を借りるなら30日間無利息
webなら即日融資も可能
webで完結出来るキャッシングならプロミス
最短1時間融資も可能。プロミス公式サイトはこちら

プロミスの口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です