市役所でお金を借りる最短の方法。緊急小口資金貸付制度

困ったときにお金を借りる手段でイメージしやすいものといえば「消費者金融」ではないでしょうか。
しかし消費者金融からの借入は企業との約束を交わすわけなので審査があり、状況次第で審査が通らない可能性が出てきます。

本当にお金に困っているときに消費者金融の審査に落ちてしまったら破産するしかないのかというと、困窮した方を助ける制度が公的に存在しています。

今回は市役所でお金を借りる公的な制度について、種類や方法やメリットなどをまとめて解説していきます。

お金を借りるカードローンランキングについてはこちら

市役所でお金を借りる最短の方法

市役所でお金を借りる制度というのはいくつかあります。

市役所で貸しているお金は消費者金融や銀行のカードローン(資金使途自由のローン)とは違い、公的なお金になるので前提として資金使途は限られてきます。

市役所や公的機関で取り扱う制度は主に生活困窮者の救済や、生活立て直しを目的に運営されています。

消費者金融や銀行ではないので即時に対応してくれて即日融資…というのが難しいことは理解しておきましょう。
期間としては10日~1ヵ月くらいはみておくべきです。(超緊急の場合は別途相談しましょう)

お金を借りるならまず住んでいる場所を管轄している市役所に足を運ぶ必要があります。
そして状況を相談することからスタートしましょう。

緊急小口資金貸付制度(一時的に生活費が必要なら注目)

経済的に困窮していて貯蓄もなく一時的に生活費が必要な場合に門戸が広く開放されている融資の制度で、「緊急小口資金貸付制度」というのがあります。

緊急小口資金貸付制度の限度額は10万円です。

審査の結果次第で20万円になったり50万円になったりするわけではなく、限度額が10万円なのであくまでも緊急時に必要な金額だけお金を借りる制度になります。

担当は「社会福祉法人 全国社会福祉協議会」というところです。

利用できる条件下に居る方にとっては消費者金融より銀行より頼りになる存在です。

突き詰めていえば経済的に困窮している方や低所得者向けの融資制度になります。
ということで、仮に現在の職業が無職でも。設定された申し込み条件をクリアしているのであれば利用することができます。(※無職の方が利用するなら条件あり、後ほど解説します)

申し込みにあたっての資金使途はどのようなものなら認められるのか。以下を参考にしてください。

【緊急小口資金貸付制度の申し込み条件(参考例)】

  • 医療費の支払いが必要
  • 年金受給開始までの生活費が足りない
  • 盗難などの被害により生活が難しい状況
  • リストラなどにより生活費の捻出が難しい
  • 雇用保険給付制限期間中で生活費が足りない

緊急小口資金貸付制度は借入したい理由が認められれば自己破産経験者でも利用することができます。
無職の方は、緊急小口資金貸付制度でお金を借りた後きちんと働いて返済していけると認められれば対象となります。

緊急小口資金貸付制度は現時点で無職でも申し込みできますが、いずれきちんと収入を確保して返済していける旨を証明する必要があります。

つまりこの先もずっと無職で無収入(年金収入などもない)ということであれば申し込みしても融資してもらえなかったり、状況によっては生活保護や別の制度を進められたりする可能性があります。

緊急小口資金貸付制度はあくまでも生活立て直しのための制度なので、この辺りの相談にもしっかり乗ってくれます。
まずは相談から始めてみましょう。

【緊急小口資金貸付制度の申し込み条件や特徴】

  • 上限額は10万円
  • 無利子
  • 連帯保証人は不要
  • 所得制限がある(低所得者層向け)
  • 貸し付けにあたり自立相談支援事業の利用が必須になるケースがある

市町村によっては細かい申し込み条件の面で差がでる可能性があります。
ちなみに、申し込み時に無職の方は既に就職先が決まっている場合を除き、働ける状態にあるなら自立相談支援事業の利用が融資にあたっての必須条件となります。

つまり、働くことが可能でありながら就職先が決まっていないなら⇒相談員のサポートを受けることが前提となります。
緊急小口資金貸付制度は消費者金融や銀行のような企業がお金を貸してくれるビジネスではないので、このあたりを認識して前向きに頑張る姿勢が必要になります。

(※基本的な内容や仕組みは同じでも、申し込み条件など各市町村ごとに条件に細かい違いがあります)

審査は都道府県によって異なる!必要書類はこちら

緊急小口資金貸付制度の申し込みにあたり必要となるものは相談時に案内がありますが、だいたい以下の通りです。

【必要書類】

  • 申請書
  • 顔写真入り身分証明書
  • 世帯全員の情報が記載された住民票
  • 税金の課税証明書(要確認/成人している世帯全員)
  • 印鑑登録証明書
  • 必要費用の総額が確認できる書類
  • 送金口座の通帳の写し
  • 住居契約などの出費を確認する書類

※緊急小口資金貸付制度は各市町村で管轄しているという背景から、場合によっては上記と同じ内容ではなく別途書類が必要になる可能性もあります。

申し込みをしたい方は、だからこそまずは相談から始めてきちんと確認するようにしましょう。

生活福祉資金制度とは?相談はここにいこう

生活困窮者にお金を貸してくれる制度はいくつかあり、困ったときにまず注目したいのが「生活福祉資金制度」です。

生活福祉資金制度とは「低所得者」「高齢者」「障害者」の生活を経済的に支えることを目的とした融資制度です。
他に就職に必要な技術などを習得するための資金としての融資にも対応しています。
この制度は、生活に困っている方々を幅広く支援する制度です。

生活福祉資金制度は生活に困っている方々を支援し、生活を立て直してもらうことを目的としていることから基本的に生活困窮者自立支援制度における自立相談支援事業の利用を貸し付けの条件としています。

ただお金を貸すだけで終わりではなく、スタッフが関わって再出発のためのサポートもしてくれるということです。

【生活福祉資金制度の対象】

低所得世帯 お金を貸し付けることで生活を立て直すことができると認められる世帯かつ、銀行や消費者金融からの借入が難しい世帯。
障害者世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方がいる世帯。
高齢者世帯 65歳以上の高齢者の属する世帯。

【生活福祉資金制度の種類(簡易版)】

生活福祉資金制度の種類 融資の目的・内容
総合支援資金 ・生活再建までの間に必要な生活費
・敷金、礼金等住宅の賃貸契約を結ぶために必要な資金
・生活を再建するために一時的に必要かつ日常生活費でまかなうことが難しい費用(該当するもの⇒就職や転職を前提とした技能習得経費/滞納している公共料金等の立て替え/債務整理をするために必要な経費など)
福祉資金 ・住宅のリフォーム
・障害者用の自動車の購入に必要な経費
・災害による緊急費用
・介護サービス、障害者サービス等を受けるのに必要な経費と生計維持に必要な経費
・冠婚葬祭
・住居の移転等、給排水設備等の設置に必要な費用
・その他、日常生活をするうえで一時的に必要になる費用など
教育支援資金(教育支援費/就学支度費) ・低所得世帯の子どもが高校、大学、高等専門学校に就学するのに必要な経費
不動産担保型生活資金 ・低所得の高齢者に対し一定の居住用不動産を担保として、生活資金を貸し付ける

※上記はあくまでも生活福祉資金制度を簡易的にまとめた内容です。
「自分は利用できる立場かもしれないけど、分からない」ということであれば直接、お住まいの市町村にある全国社会福祉協議会に問い合わせるようにしてください。

※生活福祉資金制度には連帯保証人が必須のものと、連帯保証人なしにできるもの。両方あります。どちらか選択できる融資制度については連帯保証人あり⇒無利子、連帯保証人なし⇒1.5%の金利(年)というのが基本です。

こちらについても実際に全国社会福祉協議会に問い合わせしてください。

参考URL:全国社会福祉協議会

借りられない利用出来ないのはこんな人

生活福祉資金制度は生活を立て直したい気持ちがある方に門戸が広く開け放たれている制度です。
しかし、公的な制度ということから利用できない立場の方というのも出てきます。

【失業保険受給中】

失業保険受給中で安定した生活を送れると判断されると、生活福祉資金制度の審査に通らない可能性があります。
これは生活福祉資金制度を利用したい目的や、個人の状況によっても左右されるので、生活福祉資金制度を利用したい方はとりあえず相談してみるようにしましょう。

【安定した収入がある】

普通に就業していて普通にまとまった収入があると生活福祉資金制度は利用できない可能性が高いです。
「自分は所得が低いから借りられるのでは?」と思っていても、貸付の基準からみたら生活福祉資金制度の対象になる低所得者には該当しないという可能性もあります。
こちらについても、まずは相談して確認しましょう。

【ギャンブルなどを目的としている】

低所得者に該当したとしても借りたお金の使い道がギャンブルや娯楽だと利用できません。
資金使途を隠して借りようとしても、基本的に資金使途は証明しなければいけないので無理です。

限度額は目的により異なる

先ほどご紹介した通り生活福祉資金制度には種類があります。状況に適したものを選んで申し込む形になります。

【生活福祉資金制度の上限額】

生活福祉資金制度の種類 限度額
総合支援資金 ・生活費を継続して支援するタイプ⇒毎月支給で単身世帯15万円以内/2人世帯20万円以内
・生活費を一時的に支援するタイプ⇒60万円以内
・敷金礼金を支援するタイプ⇒40万円以内
福祉資金 580万円以内
(※緊急小口資金もここに該当しますが、緊急小口資金の場合は上限10万円)
教育支援資金 ・(毎月支給)高校⇒月3.5万円以内
・(毎月支給)高専⇒月6万円以内
・(毎月支給)短大⇒月6万円以内
・(毎月支給)大学⇒月6.5万円以内
——
・入学時に支給⇒50万円以内
不動産担保生活型 月30万円以内(※土地の評価額によっても変わるので要確認)

実際どれだけ融資されるかは個人の状況によって変わるので、やはりまずは相談しましょう。

生活保護と緊急小口資金貸付制度はどちらを優先して検討するべき?

ここまで、生活福祉資金制度について詳しくご紹介しました。
低所得者層が「生活の立て直しを目指した」公的な融資となると、こちらが基本になりますが、低所得者層の生活のための制度といえば「生活保護」が有名ですよね。

「公的な融資制度があったのは知らなかったけど、生活保護は知っていた」という方が多いのではないでしょうか。
こちらのほうが有名です。

緊急小口資金貸付制度と生活保護。どちらを利用しようか迷ったときにはどうしたらいいかというと…

そもそも目的が違います。

緊急小口資金貸付制度はその後返済することができると判断された方に、生活の立て直しのために一時的にお金を貸し付けする制度です。
つまり借金をしているわけなので返済しなければいけません。

それに対し生活保護は働けず収入を確保できない方に向けて生活費を提供する制度です。

通常、生活保護のほうが受給できる方の門戸は狭いです。

緊急小口資金貸付制度を利用することで自活することが可能な見込みがあるなら、緊急小口資金貸付制度の利用が推奨されますが、それも難しそうという場合では窓口で相談したうえで生活保護を検討するのもいいのではないでしょうか。

緊急小口資金貸付制度のメリットとデメリットまとめ

公的にお金を借りようとしたとき、種類は色々あります。
その中でとりあえず一時的に10万円あれば何とか生活を立て直せるということであれば緊急小口資金貸付制度が適してきます。

ここで改めて緊急小口資金貸付制度のメリットとデメリットを確認しましょう。

【メリット】

  • 緊急小口資金貸付制度は無利子
  • 連帯保証人が不要
  • 無職でも利用できる可能性がある
  • 自己破産経験者でも利用できる

【デメリット】

  • 上限額は10万円なのでもっと必要なときには別の融資制度のほうが適している

ニーズに合っているならメリットのほうが大きい制度です。

他にもある?市役所でお金を借りる方法

緊急小口資金貸付制度の他にも市役所などで公的にお金を借りる方法はあります。

先ほどご紹介した生活福祉資金制度全般と、それからシングルマザーやシングルファーザー向けの融資制度です。

1、シングルマザー母子家庭&シングルファーザー向け。母子及び父子福祉資金

シングルマザーやシングルファーザー向けの融資制度こと「母子及び父子福祉資金」です。
(※住んでいる市町村によって、こちらの制度の貸し付けや申し込みの細かい条件に差があることがあります。興味がある方は必ず確認しましょう)

この公的な融資制度は「20歳未満」のお子さんがいる1人親世帯を対象としています。

生活費や学費はもちろん、医療費や事業費など。様々な資金使途で融資の相談をすることができます。
審査があるので絶対通るとはいえず、もちろん収入なども考慮されますがお金を借りたい理由があるシングルマザーやシングルファーザーは注目してみるべきです。

場合によっては消費者金融や銀行より良い条件で必要なお金を借りることができるかもしれません。

参考URL:東京都福祉保健局のページ

2、広範囲の人々を対象としている生活福祉資金貸付事業

「低所得者層」という括りはあるものの幅広い方々に門戸が開かれているのが生活福祉資金貸付事業です。

生活を立て直したい、災害などの被害で家の修繕をしたいけどお金がないという場合などに相談することができます。
もちろん審査はあるので絶対に借りられるとは言い切れませんが、良心的な制度です。

消費者金融や銀行だと、条件により審査に通過できないという方も生活福祉資金貸付事業ならお金を用立てるチャンスがあります。

3、生活を立て直すなら総合支援資金

低所得者層が生活を立て直す目的でお金を借りたいなら!

生活福祉資金制度の中でも「総合支援資金」(※先ほど解説したもの)という、「生活費」のサポートに特化している制度を利用するのがおすすめです。

「生活費が理由でもお金を借りることができるの?」と、不安に感じて1人で悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
生活費が理由でもきちんと条件をクリアすればお金を借りることができます。

現在経済的に困窮している状態にあるなら、総合支援資金に注目するべきです。

どれが適用される心配なら市役所へ相談に行こう

生活福祉資金制度など公的な融資制度は実はたくさんあります。

そのうちのどれが自分にとって最適な融資制度かは、やはり内容を把握しているプロに聞くのが一番手っ取り早いということで…「どれに申し込むべきか悩む」というときには、市役所に足を運んで相談しましょう。

相談することにより、「初めて知る制度」を紹介される可能性があります。

始めて知る制度が救世主になってくれる可能性もあります。

市役所からの借入は金利が低くて魅力的

公的な借入はやはり!普通に借りるより金利が低いのが魅力的です。

例えば生活福祉資金制度の中の「総合支援資金」と「福祉資金」は、連帯保証人を立てることができれば無利子、連帯保証人を立てることができなければ金利が年1.5%となります。

これは、とても金利が低いです。

銀行のカードローンでは(借入金額により金利が変わる商品が多いですが)年10%は想定しておく必要があり、
消費者金融では(借入金額により金利が変わるのが基本ですが)年15%~18%かかってくることも珍しくないので、比較すると金利面は生活福祉資金制度が圧倒的に有利(無利子にできるのは凄い!)です。

ちなみに、同じく生活福祉資金制度の中の1つ、教育支援資金は世帯内で連帯借受人が必須ということから、無利子になるのが前提です。

そして同じく生活福祉資金制度の中の1つ、不動産担保型生活資金は土地の評価によって変わってくるものの年3%が基準です。

【公的な融資制度は金利が低い!ポイントのまとめ】

  • 連帯保証人を立てることで無利子にできる融資制度がある
  • 連帯保証人を立てられなくても消費者金融などと比べると圧倒的に金利が低い

市役所から借りるのがおすすめの人

お金を借りるなら。通常は消費者金融や銀行に申し込んで借りるという選択肢があります。

そのうえで、あえて市役所などの公的な方法で借りるのが最適だったりおすすめだったりする方とはどのような方なのか。以下で1つずつ確認していきましょう。

1、 消費者金融や銀行の融資に通らない

まず、公的な融資制度を検討したいのは消費者金融や銀行の融資の審査に通らない方です。

消費者金融や銀行の融資に通らない理由は色々ありますが、「生活費を目的に借入を希望しているものの年金受給中の高齢のため審査に通らない」「自己破産により信用がなくどこも通らない」「年収が低く融資しても返済できないと判断されて通らない」という理由で審査落ちしたと思われる方は、公的な方法での借入に向いています。

上記のような状況だと、「企業」(=ビジネス)である消費者金融や銀行のどこに申し込んでも審査には通らない可能性が高いからです。

そのうえで「お金を借入しないと本当に困る」という状況であれば、公的な借入が選択肢として最上位に出てきます。

2、 闇金を検討するくらい切羽詰まっている

お金を借りる方法といえば、

  • 家族や恋人から
  • 友人から
  • 消費者金融
  • 銀行

という選択肢があります。上から順番にだんだんと審査(借りるのが)難しくなっていくと考えられます。

ということは下から順番に試してダメで、家族や恋人のような存在からも借りられなかったとなると人は精神的に不安定になりやすいです。お金のことで切羽詰まると普段より冷静に判断できなくなる傾向があり、そこでついつい手を出してしまうリスクがあるのが「闇金」です。

闇金とは漫画でも取り上げられて幅広く認識されるようになっていますが、違法営業でお金を貸すサービスのことです。

闇金は金利が高く設定されていて、返済しても返済しても借金が膨れ上がるともいわれています。冷静な状況であれば「借りたらまずい」と考えられるとしても、切羽詰まっていると「借りるしかない」という感情に結びつきやすいです。

このような状況に陥っているのであれば、闇金から借りるより公的な制度に頼りましょう。
公的な制度について詳しくなかったとしても、市役所の窓口に行って状況を説明し助けて欲しいといえば最善の方法をアドバイスしてくれるはずです。

3、 失業や年金などにより生活費が圧倒的に足りない

失業したり、年金の受給年齢になって年金の額が少ないなどの理由から、生活費が足りないという状況になっているとき。対策としてお金を借りて生活を立て直そうとしても、借入条件に該当せず審査落ちするリスクがあります。

そうなると気持ち的には「あと〇万円あれば生活が立て直せるのに!きちんと返せるのに!」と思っていてもどうしても難しくなってしまいます。このような場面で「生活を立て直す」ことを目的として、公的な制度を利用するのはおすすめです。

生活保護と違い、「生活を立て直す」ことを目的としていると審査に通りやすくなる期待もできます。

市役所以外で、お金がないときにお金を作る方法

公的な制度は最終手段といえます。
他で借りられない、就業できない、生活費が底をついているなどの理由が認められることで貸してもらう制度であり、公的なサポートを受けることが前提となります。

このような公的な制度がぴったりで救世主と感じる方もいれば、「他にまだ対策ができるのではないか?」と考える方もいます。

続いては、公的な制度でお金を借りる前に、他の方法でお金を作りたい気持ちがある方に向けて。
どのような方法があるのかピックアップしていきます。

メルカリで物を売る

まず、ここ最近需要が高まっているのがメルカリで物を売るという方法です。
メルカリでは不用品を気軽に売れることから、物がたくさんあるという方には特に便利です。

仮に1点だけでは安くても「塵も積もれば山となる」という言葉があります。

手持ちに売れるものがないという場合には利用できませんが、若年層でお金を作りたいときには健全で最適といえるかも。

単発バイトをする副業をする日払いバイトをする

お金を作る正統派の方法です。
単発バイトや日払いバイトや副業で、労働して稼ぐというもの。

ただし、公的な制度の利用を検討する方の中には、働けない状況という方も多いので。この方法がいいかどうかは個人の状況次第になります。

働けるなら働いて稼ぐというのはある意味理にかなっています。

今はクラウドソーシングで副業をすることもできるので、働ける若年層であればこの方法は使いやすいかも。

年齢や状況によってはクレジットカードで生活など

年金受給者はクレジットカードの審査が通りづらかったり、無職だと通りづらかったりするので既に持っていて使える方が前提の方法にはなりますが、一時的にクレジットカードで生活するというのもありです。

今はほとんどのスーパーがクレジットカード対応しているので、クレジットカードが有効であれば食材を調達することができます。食材さえあればとりあえず生活を立て直すことができるなら、クレジットカードの救世主感が凄いです。

また、クレジットカードは契約内容にもよりますがキャッシング枠が設定されていることもあります。
キャッシング枠があれば現金でお金を借りることができます。

クレジットカードに近い方法にはなりますが、人によっては携帯のキャリア決済も便利です。
この方法で食料などを購入しても支払いは翌月の携帯料金の支払い日になるので、少し間ができます。この期間に何とかできるなら便利です。

まとめ:意外なことに市役所でもお金を貸してくれることがある

今回の記事では公的な融資制度についてご紹介しました。
意外かもしれませんが、公的に「融資」してくれる制度というのはあり、生活の立て直しのサポートをしています。

本当に困ったとき、お金のことで精神不安定になるととても辛いです。困ったときには1人で悩まずとりあえず市役所に足を運び相談してみるのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です